栄養トピックス 2017年10月23日

腸内細菌も「働き方改革」、
善玉菌の労働環境を改善しよう

最近便秘がち、ここのところなんとなくお腹がゆるいなど、腸の働きや腸内環境の重要性を実感する機会が増えてきてはいませんか? 善玉菌を摂ろうとスーパーやコンビニなどで見かけた乳酸菌飲料やヨーグルトを手に取ってしまうという人も多いことでしょう。しかし、意外と知られていないのですが、その善玉菌が腸内で働きやすい環境をつくっておくことが、実はとても大切なのです。今回は、腸内環境を整え、善玉菌の増殖を助ける食物繊維、「グアーガム分解物」について紹介します。

腸内環境の改善には“プレバイオティクス”が決め手

腸の中にはおよそ100種類、100兆個もの細菌が暮らしていて、体に良い影響をもたらす善玉菌、悪い影響をもたらす悪玉菌、そしてその中間の菌の三つに分けられます。腸内環境を改善するためには悪玉菌の割合を抑え、善玉菌を増やす必要があります。乳酸菌などの善玉菌を直接摂取するというのはその一つの手段ですが、実は善玉菌を増やすためにはそれだけでは十分ではありません。ビフィズス菌や乳酸菌などの体に良い影響を与える菌を添加した食品、もしくは菌そのものを“プロバイオティクス”と呼ぶのに対し、腸内の善玉菌の働きを助ける成分を“プレバイオティクス”と呼び、現在とても注目が集まっています(難しい言葉ですが、「腸内の有用菌の増殖を選択的に促進し、宿主の健康を増進する難消化性の食品成分」と定義されています)。私たちの体は日々摂取した食べ物(栄養)に影響を受けていますが、それは腸内で暮らす善玉菌たちも同じで、適切な栄養がないと効率的に働くことはできません。そのため、善玉菌の増殖や活性化を促す成分、つまり“プレバイオティクス”を積極的に取り入れる必要があるというわけです1)

“プレバイオティクス”の代表としては、オリゴ糖や食物繊維が挙げられます。特に一部の食物繊維は、腸内環境を整えるのに重要な役割を果たしていることが知られています。今回紹介する「グアーガム分解物」もその代表的な食物繊維の一つです。

“プレバイオティクス”の「グアーガム分解物」で善玉菌を増やす

インド・パキスタン地方で栽培されているグアー豆を生成してできる「グアーガム」は、水溶性食物繊維の中でも、特に発酵性が高いことが知られています。あまり聞きなれない名前かもしれませんが、実は私たちが普段口にするアイスクリームやドレッシングなどにも増粘剤として使われている身近な存在です。グアーガムはそのままでは粘性が高すぎるので、食品などには酵素処理によって粘度を下げた「グアーガム分解物」という形で利用されています。またグアーガム分解物の便通改善効果はすでに報告されていて、医療・介護現場でも活用されています2,3)

「グアーガム分解物」は腸内環境を善玉菌が増えやすい環境にするという“縁の下の力持ち”的な役割を果たします。腸内細菌に発酵されやすいという特徴があり、発酵によって生じる酪酸や酢酸などの短鎖脂肪酸は、大腸の細胞のエネルギー源となったり、大腸の「ぜん動運動」を促したりします。また、短鎖脂肪酸がつくられることで大腸内が酸性の状態に傾くため、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は生きたまま、酸性に弱い悪玉菌だけが減少し、結果として腸内環境が整うのです。今後「プレバイオティクス」「短鎖脂肪酸」が注目のキーワードになりそうですね。

免疫力や生活習慣病などに影響を及ぼすといわれている腸内環境。見直しが必要とはわかっていても、仕事や家事に忙しい毎日の中でつい後回しになってしまいがちです。食生活の見直しと同時に、注目のプレバイオティクス、グアーガム分解物を手軽に摂取できるドリンクなどを活用して、腸で休みなく働く私たちのパートナー、善玉菌の“労働環境”を改善し、生き生きした毎日を過ごしていきたいですね。


  1. 1) 脊山洋右、野口忠、スタンダード食物・栄養シリーズ 基礎栄養学(第3版). 東京化学同人(2011)
  2. 2) 大和谷和彦、桑野和民、鈴木淳子、三田村敏男、関谷啓治、グアーガム分解物がヒトの便通に及ぼす影響. 応用糖質科学. 42(3)251-257(1995)
  3. 3) 石原則幸、高橋樹世、近藤如子、小笠原豊、ジュネジャ レカ ラジュ、 グアーガム酵素分解物を使用した特養施設入居者の排便コントロール. 日本食生活学会誌. 22(4)315-319(2012)

Ageless Lifeエイジレスライフ 推進情報室とは

50+世代の人生を推進する情報コンテンツサイト

ここAgeless Life推進情報室では、50+世代に必要とされる各種栄養素についての情報をはじめ、エイジレスライフの推進に役立つ、さまざまなコンテンツを発信していきます。

あなたのこれからの毎日を、私たちだからこそお伝えできる厳選された価値あるコンテンツによって、応援していきたく思います。