栄養トピックス 2018年09月28日

便通改善で話題の食物繊維「グアーガム分解物」とは?

おなかが張ってつらい便秘や、場所を問わず突然おそってくる下痢など、お通じの不安を抱えていては、日々の生活を思いきり楽しみにくいですよね。どんな食生活が便通改善によいのか、自分に合う方法を探しているという人も多いのではないでしょうか。
グアーガム分解物は、便通改善のために医療や介護の現場でも活用されている、いま注目の食物繊維です。今回は、グアーガム分解物のお腹の中での働きや、便通改善についての報告を紹介します。

グアーガム分解物とは?

「グアーガム(Guar gum)」は、「グアー豆」を精製して得られる植物由来の食物繊維です。初めてこの名前を耳にする人も多いかもしれませんが、アイスクリームやドレッシングのとろみを持たせるために使われている、実は私たちに身近な素材です。グアーガムはそのままでは粘り気がとても強いため、粘性を弱くして加工しやすくしたものが「グアーガム分解物」です。グアーガム分解物は、腸内で働き、便通改善をサポートする成分としても知られています1)

腸内環境を整えるには、ヨーグルトと食物繊維、どちらがいいの?

お腹の調子を整える食品といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料を思い浮かべる人も多いことでしょう。悪玉菌が増えてバランスが崩れている腸内細菌叢に、乳酸菌などの善玉菌を含んだヨーグルトなどの食品を摂って腸内の善玉菌の割合を増やすことは、腸の健康を守るひとつの方法です。このように菌を直接摂って善玉菌を増やす食品は、「プロバイオティクス」と呼ばれています2,3)
一方、便秘によい食品としては、食物繊維を挙げる人が多いことでしょう。食物繊維を十分に摂ると便のかさが増し、腸壁が刺激されて蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、お通じにつながることはよく知られていることと思います。
実は、グアーガム分解物などの一部の食物繊維は、さらに注目の働きがあるのです。腸内細菌のエサになることで善玉菌を増やし、腸内細菌叢のバランスを改善する働きがあることはご存じでしたでしょうか。これら一部の食物繊維は、腸内細菌に発酵されて酪酸や酢酸などの短鎖脂肪酸を産生し、腸内を酸性にして、悪玉菌が過ごしにくく善玉菌が活躍しやすい環境をつくる働きも持ちます4)。これによって、腸内の善玉菌の割合が増えて腸内環境が整うのです。このように、善玉菌のエサを供給して増殖を促進する食品は「プレバイオティクス」と呼ばれています2)

プレバイオティクスとして便通改善に役立つグアーガム分解物の働き

実際、グアーガム分解物1日5.2gの摂取によって排便回数・排便量が増え、便通が改善されたことが報告されています。お通じが週に3~5回の20~50歳の健康な日本人を対象に、1日2回グアーガム分解物2.6gを摂取させ、2週間観察したところ、グアーガム分解物を摂取していないときに比べて、お通じの回数が増える傾向が認められました1)。こういった便通改善の働きは、介護の現場でも認められています5)

中川致之ほか. 健康・栄養食品研究. 11(2)1-14 (2008)

グアーガム分解物は、プレバイオティクスとしての働きで便通改善をする特徴を持つ食物繊維です。
摂取する食品成分の働きがよくわかると、毎日の食生活をより健康的なものへと改善しやすいもの。お通じが気になっているなら、腸内で働き、便通改善をするというメカニズムとその働きがわかっている、グアーガム分解物を取り入れてみてはいかがでしょうか。


  1. 1) 中川致之ほか. グアーガム分解物を配合した粉末緑茶のヒトの便通に及ぼす影響と長期摂取時および過剰摂取時の安全性の検討. 健康・栄養食品研究. 11(2)1-14 (2008)
  2. 2) 脊山洋右、野口忠. スタンダード栄養・食物シリーズ 基礎栄養学(第3版). 東京化学同人(2011)
  3. 3) 「e-ヘルスネット 腸内細菌と健康」(厚生労働省)
  4. 4) 田中明ほか. あたらしい栄養事典. 日本文芸社. p.144 (2016)
  5. 5) 石原則幸ほか. グァーガム酵素分解物を使用した特養施設入居者の排便コントロール. 日本食生活学会誌. 22(4)315-319(2012)

Ageless Lifeエイジレスライフ 推進情報室とは

50+世代の人生を推進する情報コンテンツサイト

ここAgeless Life推進情報室では、50+世代に必要とされる各種栄養素についての情報をはじめ、エイジレスライフの推進に役立つ、さまざまなコンテンツを発信していきます。

あなたのこれからの毎日を、私たちだからこそお伝えできる厳選された価値あるコンテンツによって、応援していきたく思います。