焼きキットカットの楽しみ方

おいしく安全にお楽しみいただくため、作り方や注意点を必ずご確認ください。

「焼きキットカット」の作り方

  1. 1 用意するもの オーブントースター、受け皿(トレー・天板)、アルミホイル、キットカット 事前にキットカットを冷やしておくときれいに焼けるよ♪
  2. 2 受け皿(トレー・天板)の上に、アルミホイルを平らに広げる ※キットカットの個包装はプラスチック製ですので、アルミホイルの代わりとして使用することはできません。
  3. 3 間を空けてキットカットを並べる
  4. 4 予熱なしのオーブントースターで焼く 予熱なしで焼きます。1000Wの場合、3〜4枚で2分〜2分30秒が目安です。短めの時間からの設定がおすすめです。
  5. 5 焼いている間は目を離さない お好みの焼き具合で、取り出してください。表面に色がつき始めると一気に焼き上がるので目を離さないでください。
  6. 6 少し冷ましたら出来上がり キットカットとは、また違った食感が楽しめます。少し冷ましてからどうぞ。※加熱直後のキットカットは暑いので、やけどにご注意ください。

やってはいけないこと

焼き網の上に直接置かない。
焼き網の上に直接置かないでください。直接置いて焼いたところ、溶けたチョコレートがヒーターのパイプに付着し、発火したとの申し出を頂きました。
アルミカップを使用しない。ホイルで囲まない。個包装をアルミホイルの代わりに使用しない。
アルミカップや、ホイルで囲んだ形でのご使用はしないでください。アルミカップを使用して焼いたところ、発火したとの申し出を頂きました。熱が必要以上に集中し、キットカットに含まれる油分が自然発火する温度まで上がってしまったためと思われます。
アルミホイルを使いまわさない。
一度使用したアルミホイルの使い回しはしないでください。使い回しをすると残りかすが焦げて煙が発生いたします。使い回しをしたところ、煙が充満し火災報知器が鳴ったとの申し出を頂きました。
加熱中は目を離さない。子供だけで焼かない。
オーブントースターの使用中は、目を離さないでください。また、お子様だけでのオーブントースターのご使用はおやめください。目を離している間に、一気に焼きあがり、発火したとの申し出を頂きました。

おいしく安全に、オーブントースターで焼いていただくためのお願い

※チョコレートには油分が含まれます。高温になりすぎると油分が発火するおそれがあります。●必ず受け皿(トレー・天板)を使用してください。受け皿を使用せずに焼き網で直接キットカットを加熱すると、溶けたチョコレートの一部がヒーターに付着し、チョコレートに含まれる油分が発火するおそれが高まり危険です。●加熱中はくれぐれもトースターから目を離さないでください。●小さなお子様のご使用はお止めください。※加熱直後のキットカットは熱いので、やけどにご注意ください。※オーブントースターの機種や加熱状況によって、加熱時間は若干異なりますので調整してください。

PAGE TOP