閉じる

マギー おいしさの秘密 Maggi secret of deliciousness

世界中で愛されるマギー製品が生まれるまで

世界中で愛される“マギー”

スイス人のジュリアス・マギーが作った、粉末状の豆のスープ。
これが“マギー”ブランドの原点です。
19世紀の工業化が進むヨーロッパで、人々が健康的な食事が摂れるように発明された“マギー ブイヨン”。
その手軽さとおいしさが人々に喜ばれ、世界へと広がっていきました。
1927年、スイスの西洋料理人であったサリー・ワイルによって、日本に“マギー ブイヨン”が持ち込まれました。その後、ホテルシェフを中心とした料理人の間で受け継がれ、1947年には家庭用“マギー” 製品を販売。家庭で洋風料理が手軽につくれると評判が評判を呼び、全国に広がりました。

続きを読む
シェフのブイヨンとコンソメ

ブイヨンとコンソメの違い

「ブイヨン」と「コンソメ」の違い、ご存じですか?ブイヨンは素材のうまみがギュッと詰まった西洋だしのこと。コンソメはそのまま飲める透き通った美味しいスープのこと。どちらも手作りすると、大変手間も時間もかかります。ここではブイヨンとコンソメの作り方の違いについて、ご紹介いたしましょう。

続きを読む

“マギー” 製品は、ブイヨンとコンソメを“調味料”としたものが原点です。
世界中の食文化に合わせた調味料や食品が、“マギー” ブランドとして多数販売されています。
すべてはジュリアス・マギーの「おいしく、簡単で、そして健康的な食生活を」という願いからスタートしています。

TOP