水分と栄養たっぷりの食事で“ばてネコ”対策を!
今年こそバテにゃい夏に!

ネコはもともと暑さに強く、自分で涼しい場所を見つけるのが上手な動物です。でも厳しい暑さが続くと食欲がなくなり、夏バテになってしまうことも。そんな“ばてネコ”にならないために、早めの対策で“バテにゃい”夏を過ごしましょう!

ねこちゃんの夏バテ対策はこの3つ

その1

いつでも新鮮な水を飲めるように

ネコはもともとあまり水を飲まない動物ですが、夏は水分が不足すると夏バテや熱中症の心配もあるため、水分補給が大切です。ネコがよく通る場所などに水飲み場を増やし、水を飲みやすい環境をつくってあげましょう。

その2

涼しい場所に移動できる環境づくり

温度や湿度の高い部屋に長時間いると、ネコは夏バテになりやすくなってしまいます。そこで、体を冷やせるひんやりグッズを利用したり、涼しい部屋に自由に移動できるようにドアを開放してあげましょう。

その3

食欲が落ちやすいから水分と栄養補給をしっかりと

夏は暑さからくるだるさで食欲が低下しがちです。夏バテが、病気の引き金になることもあるので、しっかりと水分と栄養をとることが大切です。

オーナーさんの夏のお悩み

ルルちゃん(メス)夏はドライフードを食べなくなります。

「基本的に何でもよく食べるのですが、夏場の特に昼間は食欲が落ちてドライフードをあまり食べなくなります。栄養不足にならないか心配です。」

シュトーレンちゃん(メス)あまり水を飲まないので夏バテが心配。

「ふだんからを水をあまり飲んでくれないので、水分をとらせるのが大変。暑い時期は水分不足から夏バテしないか、いつも気になってしまいます。」

だから、毎日のフードで、“ばてネコ”対策「モンプチ」で暑さに負けない夏に!

バテにゃい理由 美味しくて、栄養もぎゅっと詰まった総合栄養食

ウェットタイプのキャットフードには、「総合栄養食」と「一般食」があるのをご存知ですか?
食欲低下や栄養不足が気になる夏場には、おいしくて栄養のバランスも取れた「総合栄養食」がおすすめ。主食はもちろん、トッピングやご褒美など使い方を工夫して。

総合栄養食とは?

毎日の主要な食事として給与することを目的とし、そのフードと水だけで健康を維持できる栄養的にバランスの取れたフードです。
栄養不足のイメージ
総合栄養食は、各製品に定められた給与量を与えると、猫の1日に必要な必須栄養素を種類・量ともに100%満たすことができます。一般食はそれだけでは栄養不足です。 「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則」に定める「総合栄養食」の運用基準に対して。

バテにゃい理由 水分補給にうれしいソースタイプ&使いやすいミニサイズ

毎日の主食にぴったり!「モンプチ」プチグルメ

ソースタイプなので、食べながら水分補給できます。
いつも開けたて新鮮なフードをあげられる食べきりサイズで使いやすい!

バテにゃい理由 ローテーションで夏を乗り切る!豊富なバラエティメニュー。

「あらほぐしツナ」や「ローストチキン」、「ジューシービーフ」、「グリルサーモン」など、
食べごたえのあるお魚やお肉のバラエティ豊かなメニューでネコちゃんを飽きさせない!

「モンプチ」プチグルメを購入する