閉じる

Support

困ったときの
安心サポート

湯垢洗浄

コーヒータンクを外して湯垢洗浄を行います。
水の中に含まれるミネラル成分が本機内部の水管などに付着して「湯垢(ゆあか)」となります。湯垢がたまるとコーヒーの抽出速度が遅くなったり、抽出温度が低下したりすることがありますので、6ヵ月毎に湯垢洗浄することをおすすめします。

美味しいコーヒーを抽出するため、水道水または軟水表示のミネラルウォーターをお使いください。
(日本の水道水の硬度は80mg/L程度で、軟水です。)
硬水(180mg/L以上の水)を使用する場合、湯垢がたまりやすくなりますので、6ヵ月を待たずに気になるときに湯垢洗浄を行ってください。

湯垢洗浄は15分程度かかります。途中で中断しないでください。中断した場合は電源をオフにし、最初からやり直してください。

注意
  • 湯垢洗浄剤で本機の表面を洗浄しない。
  • 酢は決して使用しない。
  • コーヒータンク/計量器を取り外した後の本体上部の穴に指や異物を入れない。
    やけど、破損や故障の原因となります。
    抽出中は熱湯が出るので、抽出口付近に手を近づけない。
    やけどの原因となります。

01 容器に飲用水500mlと湯垢洗浄剤1本(125ml)を入れ、湯垢洗浄液を作る

お湯を使用しないでください。

※湯垢洗浄剤のパッケージに記載されている使用上の注意事項をお読みください。
湯垢洗浄剤の仕様は変更する場合があります。

02 湯垢洗浄液を給水タンクに入れる

  1. 電源がオフになっていることを確認し、本体から給水タンクを取り外します。
  2. 手順1で作った湯垢洗浄液を給水タンクに入れます。
  3. 給水タンクを本体にしっかり取り付けます。

03 コーヒータンクとドリップトレイを外し、500ml以上の容器を抽出口の下に置く

軽量の容器は使用しないでください。

04 電源をオンにする

電源ボタンが緑色に点灯するまでお待ちください。

05 クリーニングボタンを約7秒間押し続け、電源ボタンが黄/緑と交互に点滅したら指を離す

06 左レバー(白色)を1回だけ引く

高圧ジェットノズルからお湯が噴出し湯垢洗浄が始まります。
その後、右レバー(黒色)が点滅します。

07 右レバー(黒色)を1回だけ引く

レバーは2回以上引くとエラーになります。
抽出口からお湯が出ます。

08 お湯が止まったら、そのまま約5分待って容器にたまったお湯を捨て、容器を抽出口の下に置く

09 左レバー(白色)が点滅していることを確認して、手順6~8を繰り返す

左レバー(白色)が消灯している場合は、点滅するまでお待ちください。

10 給水タンクに残った湯垢洗浄液を捨て、水洗いをして600ml以上の飲用水に入れ替える

これで湯垢洗浄が完了しました。続いて、本機内部をすすぎます。

11 左レバー(白色)を1回だけ引く

左レバー(白色)が消灯している場合は、点滅するまでお待ちください。
レバーを引くと、高圧ジェットノズルからお湯が噴出し洗浄が始まります。

12 右レバー(黒色)を1回だけ引く

レバーは2回以上引くとエラーになります。
抽出口からお湯が出ます。

13 お湯が止まったら、容器にたまったお湯を捨て、容器を抽出口の下に置く

14 手順11~13を繰り返す

繰り返し後は、電源ボタンが点滅し、右レバー(黒色)と左レバー(白色)が消灯します。
これで、本機内部のすすぎが終わりました。

15 電源をオフにし、給水タンクに残った飲用水を捨て、コーヒータンクを取り付ける