使用方法

お手入れ(湯垢洗浄)

毎日のお手入れ

給水タンク / 抽出トレイ / 抽出グリッド/ カプセルホルダーは毎日お手入れしてください。

capsule_holder
  • カプセルホルダー

    ふたを開けて、カプセルホルダーの両面と内側を洗浄します。ミルクカプセルを使用したときは、ミルク成分が残らないように十分に洗浄してください。

water_tank
  • 給水タンク・抽出トレイサポート

    柔らかいブラシなどを使って水道水で洗浄します。

tray_grid
  • 抽出トレイ・抽出グリッド

    抽出トレイから抽出グリッドを取り外し、それぞれ水道水で洗浄します。

  • 本体が汚れたとき

    本体が汚れたときは、必ず、電源プラグをコンセントから抜いて、柔らかい布で拭いてください。

  • 週に一度のお手入れ

    週に一度は、本機のすすぎ操作を行ってください。

  • • 本体の洗浄に濡れたスポンジを使用しないでください。傷や故障の原因になります。
    • 本機の洗浄には、硬いブラシや硬いスポンジを使用しないでください。傷が付くおそれがあります。
    • 洗浄時は、食器洗い機や乾燥機、ドライヤーを使用しないでください。破損や故障の原因になります。

湯垢洗浄をする

湯垢洗浄について

水の中に含まれるミネラル成分が本機内部の水管などに付着して「湯垢(ゆあか)」となります。湯垢がたまると、抽出の流れが悪くなったり、飲み物の温度が低くなったり、機能が低下したりすることがありますので、6ヵ月毎に湯垢洗浄することをおすすめします。
日本の水道水の硬度は80mg/L程度です。180mg/L以上の水を使用する場合は、6ヵ月を待たずに、気になるときに湯垢洗浄を行ってください。
湯垢洗浄は15分程度かかります。洗浄中は湯垢洗浄ランプが常時点灯します。
別売の湯垢洗浄剤をご用意ください。ネスレ通販オンラインショップ等でお買い求めいただけます。
湯垢洗浄剤に記載されている使用上の注意事項もあわせてお読みください。

  • 1.

    容器に飲用水500mlと湯垢洗浄剤を入れ、洗浄液を作ります。
    お湯を使用しないでください。

  • 2.

    給水タンクに洗浄液を入れ、本体にセットします。

lock_panel
  • 3.

    ロックパネルを上げ、空のカプセルホルダーにすすぎ用ツールをセットし、本体に戻して、ロックパネルを下げます。

    すすぎ時は必ず、すすぎ用ツールを取り付けてください。取り付けていないとお湯が飛び散るおそれがあります。

extraction_port
  • 4.

    抽出口の下に大きめの容器(約600ml)を置き、電源 / 抽出方法切替ボタン を1秒押します。
    電源がオフになります。

  • 5.

    湯垢洗浄ランプ が点滅するまで電源 / 抽出方法切替ボタン を押したままにします。

extract_button
  • 6.

    抽出ボタン(赤)を押します。
    熱湯や水により、本機内部を洗浄します。
    熱湯に触れないようにご注意ください。
    熱湯を途中で止めたいときは、抽出ボタン(赤) をもう一度押してください。さらに押すと再開します。

extract_button
  • 給水タンク内の洗浄液がなくなると、抽出量目盛りが7つ点灯に自動的に変わり、次第に点灯数が減っていきます。
    すべての抽出量目盛りが消えると、抽出量目盛りが点滅します。この状態になるまでお待ちください。

  • 7.

    すべての抽出量目盛りが点滅したら、容器にたまった洗浄液を捨てます。

  • 8.

    容器と給水タンクをよくすすぎます。

  • 9.

    あふれない程度まで給水タンクに飲用水を入れ、本体にセットします。
    また、抽出口の下に容器を置きます。

extract_button
  • 10.

    抽出ボタン(赤)を押します。
    容器にお湯や水がたまったら抽出ボタン(赤)を押してすすぎを止めてください。
    空になった容器を再度セットし、抽出ボタン(赤)を押してすすぎを再開します。

  • すすぎを進めるほど、抽出量目盛りの点灯数が減ります。
    すすぎが完了すると、湯垢洗浄ランプが消灯します。

  • 11.

    電源 / 抽出方法切替ボタン を1秒押します。
    電源がオフになります。

  • 12.

    すすぎ後は、容器にたまった水を捨て、ロックパネルを上げてカプセルホルダーからすすぎ用ツールを取り出してください。
    最後に全体を柔らかい布で拭いてください。