製品情報・楽しみ方 製品情報・楽しみ方

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め
ミックスタイプコーヒー
ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ミックスタイプコーヒー

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め スティックコーヒー 10P&28P

「ネスカフェ」独自の"挽き豆包み製法"による「ネスカフェ ゴールドブレンド」ならではの淹れたての上品な香りと、深煎りによるコク深めでしっかりした味わいを楽しめる「レギュラーソリュブルコーヒー」をベースに、クリーマーと甘さをバランスよくミックスした製品です。

  • 「レギュラーソリュブルコーヒー」
    そのおいしさのヒミツは?
    「レギュラーソリュブルコーヒー」そのおいしさのヒミツは?

  • 「レギュラーソリュブルコーヒー」そのおいしさのヒミツは?
  • “淹れたての香りと味わい”を実現した
    「挽き豆包み製法」

    「挽き豆包み製法」は、いつでも手軽に、淹れたての香りとコーヒーの本来の味わいを1杯ずつお楽しみいただける、「ネスカフェ」独自の画期的製法です。
    豊かな自然の恵みに育まれ、真っ赤に熟した“コーヒーチェリー”。そこから生まれるコーヒー豆を丁寧に焙煎し、その豆を細かく粉砕、「ネスカフェ」独自の抽出液で大切に包み込むことで、豆の酸化の原因となる空気との接触を抑えます。
    そのため、カップにお湯を注いだ瞬間、淹れたての香りとコーヒー本来の味わいが一面に広がるのです。

  • コーヒーの敵は『酸化』

    コーヒー豆は挽いた瞬間から酸化が進み、時間の経過とともにその品質は劣化していきます。作り置きしたコーヒーについても同様で、淹れてから時間がたつにつれ、香りが逃げるとともに、そのおいしさも損なわれてしまいます。一方、「レギュラーソリュブルコーヒー」は、「挽き豆包み製法」によって酸化の原因となるコーヒー豆と空気の接触を低減するため、いつでも1杯ずつ淹れたての香りと味わいをお楽しみいただけます。

  • クレッセント(三日月)は
    そのおいしさの証

    飲み終わった後、カップの底に描かれるのは、まるでクレッセント(三日月)のような模様。それこそが、淹れたての香りとコーヒー本来の味わいが、カップの底に生きていた証です。

    レギュラーソリュブルコーヒー ブランドサイトはこちら
  • 「ミックスタイプコーヒー」を使ったレシピ
  • 「ミックスタイプコーヒー」を使ったレシピ サムネイル
  • コク深め コーヒープリン
  • コク深め コーヒープリン

    卵と牛乳で作るコーヒープリンは、「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め スティックコーヒー」と卵でまさにコク深い大人味♪

    材料(4人分)

    ・牛乳 200ml

    • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め
      スティックコーヒー
       2本
    • ・卵(溶く) 2コ
    • ・砂糖 10
    • ・生クリーム 50ml
    • ・砂糖 小さじ1杯
    • ・シナモン(パウダー) 適宜
    • ・ブルーベリー 適宜
    • ・チャービル 適宜
    つくりかた(159kcal/1人分)
    • ①牛乳は鍋に入れて火にかけ、沸騰直前まで温めます。
    • ②ボールに(A)を混ぜ合わせ、①を徐々に加えて、ザルで漉し、耐熱性のカップに注ぎ分けます。
    • ③バットまたは浅鍋に湯を入れ、②のカップを並べてアルミホイルをかぶせ、160-180℃のオーブンで約30分蒸し焼きにし、冷蔵庫で冷やします。
    • ④泡立てた(B)を加えます。
    • *お好みでシナモンをふり、ブルーベリーやチャービルを添えても良いでしょう。
  • コク深め フレンチトースト
  • コク深め フレンチトースト

    外はカリッと中はしっとり、「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め スティックコーヒー」の風味豊かなフレンチトースト♪

    材料(2人分)
    • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め
      スティックコーヒー
       2本
    • ・砂糖 10
    • ・卵(溶く) 2コ
    • ・牛乳 120ml
    • ・バニラエッセンス 適量
    • ・フランスパン(2cm幅 4枚分) 80
    • ・バター 40
    • ・粉砂糖 適量
    つくりかた(437kcal/1人分)
    • ①ボールに(A)を混ぜ合わせ、フランスパンを入れて浸します。
    • ②フライパンに火をかけバターを溶かし、①を両面に焼き色がつくまで焼きます。
    • ③②を器に盛り、熱いうちに、粉砂糖を茶こしでふりかけます。
    • *お好みで、フルーツや生クリームを飾っても良いでしょう。
PAGE TOP