シニア犬について 「ピュリナ ワン」シニア犬(老犬)について

愛犬に健康で長生きしてもらう為に知っておきたいこと

  • 30日間継続して健康の違いを実感!

    シニア期になっても若い頃と変わらず元気に遊び、食欲も旺盛なワンちゃんもたくさんいます。 しかし、体内では少しずつ変化が出ているので、大切な家族の一員だからこそシニア犬用のフードに切り換えてあげる必要があります。

    健康を維持することで、本来の免疫力を維持

    • 関節軟骨の摩耗が進む。
    • 毛づやが悪くなり、白髪が増える。
    • 免疫力が低下し、病気になりやすくなる。
    • 心臓や腎臓など内臓機能が低下する。
    • 胃腸が弱くなりやすい。
    • 筋肉量が減り、運動能力が低下する。
    • 代謝量が減り、太りやすくなる。

「ピュリナ ワン シニア犬用製品」は、シニア期に気になる健康維持をサポートします。

  • ほぐし粒入り 7歳以上
     
    これからも健康ケア
     チキン

    噛むことで歯の健康も維持するほぐし粒入り。
    天然植物油由来の中鎖脂肪酸配合で健康を維持し、脳の健康を助けます。

    製品の詳細を見る
  • 7歳以上 室内飼犬用
     
    おなかの健康から体重ケア
     チキン 小粒

    健康的な腸内環境で適切にたんぱく質・脂肪を摂取し、体重ケアに配慮したカロリー設計。
    マルチビタミンを適切に配合した優れた栄養バランスで本来の抵抗力を維持。

    製品の詳細を見る
  • 11歳以上
     
    いつまでも健康ケア
     チキン 小粒

    天然コラーゲン配合で健康的な皮膚・被毛と関節を維持。いつまでも活力維持を助けるために天然DHAを配合して健康維持。
    マルチビタミンを適切に配合した優れた栄養バランスで本来の抵抗力を維持。

    製品の詳細を見る

食事の与え方

規則正しく与えましょう。
シニア犬も成犬と同様に、食事は1日2回に分けて規則正しく与えましょう。年齢が進むにつれ、一度にたくさんの量を食べ、消化することが難しくなる場合があります。そのときは、1日の給与回数を多くし、1日3回以上に分けて与えることをおすすめしています。歯が弱くなってきたワンちゃんには、ドライフードをぬるま湯やお水でふやかして与える方法もあります。
ゆっくり与えましょう。
また、1回の食事は5-10分あるいはそれ以上かけてゆっくり与えましょう。そうすることで、胃腸への負担が軽くなり、消化吸収もしやすく、十分な満腹感が得られると考えられています。また、食事の前後は急激な運動などを避け、静かでリラックスできる環境を作ってあげましょう。

30日間で健康に違いが見えてきます

「ピュリナ ワン」は高い栄養価だけでなく、優れた消化吸収性と抜群の美味しさも兼ね備えています。
主原料に優れた動物性たんぱく質源である厳選された新鮮なお肉やお魚を使用。

  • 30日間継続して「ピュリナ ワン」を与えてみていただき、
目に見える健康の違いを実感してください。 参加する
ページトップへ戻る ピュリナ トップへ