Purina
SHARE
Purina

セルカーク・レックス

コーニッシュレックス、デボンレックスに続く、第三のレックスとして注目された新しい品種です。コーニッシュやデボンが細い体型をしているのに対し、セルカークレックスはセミコビーの筋肉質で重量感のある体型をしています。アンダーコートのないほかのレックスに比べ、寒さには強い反面、抜け毛の管理はそれほど楽ではありません。元になった救済所の猫がロングヘアーの遺伝子を持っていたため、セミロングやロングヘアータイプのセルカークも存在します。ロングヘアータイプはカールヘアというよりもウェーブがかかった被毛で、またひと味違った魅力があります。
セルカーク・レックス
  • 原産国 アメリカ
  • 色・模様 全色
  • 毛の長さ 中毛
  • 抜け毛 中程度
  • サイズ 小型
  • 目安となる体重 3~5kg
  • 活発度 中程度
  • 子どもに対応する適応力 高め

性格は?
温和で優しく、ちょっとしたことには、我慢強く受け流す忍耐強さがあります。小さなお子さんなどの相手もしますが、ちょっとしたいたずらなどには寛容です。

起きやすい病気/ケガ
一般的な猫同様、皮膚疾患や尿路結石が好発します。尿路結石は、トイレの際のしぐさを確認して、尿の回数が多いのに、量が少ないと感じたら要注意です。すぐに動物病院で検査を受けた方がいいでしょう。ほかのレックス種に比べると、比較的健康な猫種です。

起源
1987年、アメリカ合衆国モンタナ州のペット救済所で誕生した、突然変異の縮れ毛、縮れひげの猫がルーツです。「ペスト(ミス・デペスト・オブ・ノーフェイス)」と呼ばれたこの雌(メス)の猫は、その後6匹の子猫を生みましたが、その半数が縮れ毛の子猫でした。品種名は、ペストが保護されていた救済所の近くにあるセルカーク山脈にちなんで名付けられました。さらにペルシャとの交配により、ロングヘアータイプのものも誕生し、短毛、長毛に区別されますが、正式な分類には至ってません。

キャットショーでの評価基準
頭部は広く丸く、鼻の上に軽量なくぼみがあります。目は丸く、両目は離れています。耳は中くらいの大きさで、付け根が幅広く、先端に向けて先細ります。身体は中くらいの大きさで筋肉質です。四肢は身体に比例した長さで、しっかりした骨格です。尾は身体に比例して中くらいの長さです。