Purina
SHARE
Purina

シンガプーラ

最も小さな猫といわれ、メスでは成猫でも2kgほどにしかならない小型種です。大きな目と、唯一認められているアグーチカラーが魅力的です。一見アビシニアンに似ている印象をうけますが、被毛は短く絹のようにしなやかで、体にしっとりなじんでいます。
シンガプーラ
  • 原産国 シンガポール、アメリカ
  • 色・模様 セピア・アグーティ
  • 毛の長さ 短毛
  • 抜け毛 中程度
  • サイズ 小型
  • 目安となる体重 2~4kg
  • 活発度 低め
  • 子どもに対応する適応力 低め

性格は?
おとなしく、物静かで、「鳴かない猫」といわれるほど、めったに鳴くことはなく、鳴いても小さな鳴き声です。しかし、ややな神経質な面もあります。あまりしつこくすると、どこかへ雲隠れしてしまうこともあります。飼い主家族には深い愛情を示し、信頼できる人には甘えてくることもあります。

起きやすい病気/ケガ
好発するのは、一般的な猫と同様に皮膚疾患などがありますが、性格的な面から、ストレス性疾患を発症する場合があります。飼い主家族と深い信頼関係ができていないと、生活すべてをストレスと感じてしまうかもしれません。本来愛情深い性格ですから、飼い主家族も愛情を示しながら接してあげましょう。

起源
1970年代、アメリカ人のブリーダーがシンガポールの街角で見つけたセピア色の猫をアメリカに持ち帰り、固定したのがシンガプーラです。現在、存在しているシンガプーラは、すべて、このブリーダーによって繁殖された系統です。かつてその祖先はシンガポールでは小さな体型を最大限に利用してドレイン(下水溝)を中心に生活していた野良猫だったため、現地では「ドレインキャット」などとも呼ばれていました。

キャットショーでの評価基準
頭部は額がマズルへ向かってゆるやかなカーブを描き、幅の広い丸いマズルです。目はアーモンド型で、目縁は黒、目の色はヘーゼル・グリーンまたは黄色です。耳は頭部のやや外側に位置していて、付け根の幅が広くなっています。身体は全体のバランスからは中くらいの大きさで、適度にがっしりした筋肉質です。四肢は適度な筋肉があり、オーバル(卵型)の足に向かって先細ります。尾は肩までの長さに足りない程度で、しなやかで先細になります。