SHARE
nav toggle

ネスレ ピュリナ ペットケアは、ペットの栄養・健康・ウェルネスを追求するペットケアカンパニーとして、 革新的な製品やサービスの創造に努め、ペットとペットオーナーの皆様の幸せのために尽力してまいります。

ピュリナの栄養について

1

食について考える:ピュリナが世界中に展開している栄養哲学

食について考える:ピュリナが世界中に展開している栄養哲学

私たちピュリナは、人とペットが共に生きることがより良い社会につながる、という信条のもと80年以上にわたりペットの栄養改善に取り組んできました。世界各国で400名以上の栄養士を含む科学者のチームがペットフード業界をリードする製品を開発し世界中のペットに届ける、その原動力がこの信条なのです。

そして今、ピュリナは適切な食事を与えることが犬の健康寿命につながるという事実を直視しています。よってこれからの80年は、ペットの栄養水準を引き上げることをミッションとしているのです。そのためにまず何をすべきか。それは、ペットの飼い主に情報を発信することです。

ピュリナが規範とする栄養哲学について、更に詳しい情報は次ページ以降をご覧ください。


2

基準は満たすものではなく、超えるものである

基準は満たすものではなく、超えるものである

ペットフードの配合は、人間の食品よりも厳しい基準である場合が多いことをご存知でしょうか。それはペットの食生活がほぼペットフードのみで構成されるため、必要な栄養全てを含まなければならないからです。必要な栄養素全てを正しいバランスで含むフードだけが「総合栄養食」と表示されるのです。

全てのペットフードは規制基準を満たして初めて、あなたのペットに与えられることになります。
ピュリナでは、業界基準は出発点にすぎないと考えています。ピュリナの全製品が業界基準を満たすのはもちろん、その殆どはペットに最適な栄養を与えるために業界基準を上回る水準をもっています。ペットが本当に健やかに育つペットフードを作ること、ピュリナはそこに誇りを持って取り組んでいます。


3

品質は細部に宿る

品質は細部に宿る

ペットの栄養が気になってしかたがない、ペットに安心して食べさせられるようペットフードの品質保証がどのように行われているのか心配になる・・・ピュリナは、そんな飼い主の気持ちをよく理解しています。ピュリナの多くの社員もペットを飼っています。だからこそ、ペットにとって安全なフードづくりに情熱を傾けられるのです。

これまで80年をかけて、ピュリナは飼い主のみなさまの信頼を得て参りました。これからの100年間も引き続き信頼していただけるよう一層努力して参ります。ペットケアに関するどんな些細なことも見過ごすことなく取組みつづけます。


4

よりおいしい + より消化しやすい = より優れた栄養

よりおいしい + より消化しやすい = より優れた栄養

ペットが喜んで食べたがり、しかも消化されやすい製品を作ること、それが私たちピュリナの目標です。業界屈指の栄養であっても、ペットが「おいしい」と喜んで食べなければ意味がなく、ペットの体内で消化・吸収され、利用されなければもっと意味がありません。そっぽを向かれてしまったり、期待したほどの栄養が摂取できないフードなら、すぐに設計をやり直しです。このような基準を通じ、ピュリナは高品質な食事を提供する優れたペットフード会社と自負しています。


4.1

ペットの健康サイン

ペットの健康サイン

ペットが健康であるかどうか、次の点をチェックしてみましょう。

  • 元気に食事を食べる
  • 健康的な活力がある
  • 被毛に光沢があり、皮膚はなめらかで目に輝きがある
  • 歯が清潔で強く、息が臭くない

5

たゆまぬ研究を続けるピュリナ

たゆまぬ研究を続けるピュリナ

ピュリナがペットの栄養研究に関して、世界屈指の存在であることをご存知でしょうか。私たちは、ペットの肥満の原因解明から、人間の栄養に関する新しい動向や発見まで、幅広い研究を行っています。

なぜならば、ピュリナは常にペット業界を牽引する立場でありたいからです。ペットの生活を豊かにし健康で長生きできるようにすることは私たちの使命なのです。

80年以上にわたるペットフード業界の中で、ピュリナは古くから研究に取り組んできました。


5.1

製品のパッケージ表示を超える価値

製品のパッケージ表示を超える価値

私たちは、ピュリナ製品パッケージの記載内容に誇りをもっています。それは、ピュリナのペットフードには栄養がたっぷり詰まっており、全ての原料が高品質である証でもあります。しかし、パッケージに記載される高品質な製品配合がすべてではありません。光沢のある被毛から、健康的な活力、そしてより良い生活まで、実際にペットにもたらされる効果こそがペットフードの価値であり、それを実現するための研究開発に取り組んでいます。

ペットの生涯を通じた研究

ピュリナはペットの生涯を通した革新的な研究によって、犬に適切な食事を与え続けることが犬の健康寿命を長くすることにつながる、と確認しました。ピュリナが推奨する食事の与え方はこの研究に基づき作成されています。推奨量は、ペットが長く健康的に過ごせるよう設定されています。


6

原料単品ごとの研究ではない

原料単品ごとの研究ではない

最高の原料とは、それひとつで効果的であるだけでなく、他の原料と一緒に配合されるとさらに効果を発揮するものだと、ピュリナでは考えています。それぞれの原料は、相互に補完し合うことがよくあります。つまり、ふさわしい栄養を適切に配合することで、単一の原料よりも消化しやすくなる、といった効果が期待できるのです。そのため、ピュリナではペットフードを原料ごとに配合するのではなく、さまざまな配合がペットの総合的な健康にどのような影響を及ぼすかを測定しています。それによって、トウモロコシを含め未精製の穀物などの効果を最大限に活用してきました。トウモロコシは野菜や、肉、魚、大豆など一緒に摂取することで、よりバランスのよい栄養摂取が可能になります。また、消化管の健康維持に役立つことが、長期的な研究により確認されています。


6.1

流行に敏感に、そして慎重に

流行に敏感に、そして慎重に

人類は自らが健康になるための手段を常に探し求めてきました。私たちピュリナは、そこからもペットの栄養に関するヒントを得ています。

ある特定の食品が健康によいと注目されるのは、栄養知識が向上した結果であることが多いですが、一方で単なる流行の場合もあります。ですからピュリナでは人間社会で流行している食品を詳しく研究し、栄養面の影響について包括的な知識を得た上で、犬や猫の特殊な栄養ニーズに効果があるか判断します。どんなに話題になっている食品でも、データがなければペットフードには使用しません。


6.2

ペット本来の性質に適した食事を与える

ペット本来の性質に適した食事を与える

自然界では、犬や猫は狩で得た獲物以外に植物などを食べることで必要な栄養素を摂取しています。そうしなければ栄養失調に陥ってしまうのです。ピュリナでは安全性の高い原材料のみを使用しつつ、ペットのこの本来の特性を考慮して製品づくりをしています。


7

全てのペットが総合栄養食を与えられるべきである

全てのペットが総合栄養食を与えられるべきである

より良いペットフードを作っても、より多くのペットが食べてくれなければ、意味がありません。ピュリナでは、ペットの健康にとって革新的な栄養はすべてのペットに与えられるべきである、と考えています。だからこそ、飼い主のみなさまがそれぞれのご家庭のペットに適したフードを選べるよう、幅広い製品を提供しているのです。すべての飼い主のみなさまが、ご自身で選んだペットフードは規制基準に適合しているのはもちろんペットにとって最適の選択である、と安心できること – それが私たちピュリナの願いです。