製品情報

  • 猫用療法食

    OM | 肥満ケア

    高たんぱく質で理想的な体型へ

  • 肥満(減量と体重維持)

  • 過体重を伴う猫の糖尿病

  • 繊維反応性大腸炎

  • 過体重を伴う猫の高脂血症

  • 便秘

  • 毛玉の吐き戻し

推奨できないケース

  • 妊娠・授乳期、成長期

肥満に対する栄養管理に

  • 低脂肪・低カロリー※

  • 高たんぱく質設計※により
    除脂肪体重の減少を防ぐ

  • 天然の食物繊維が満腹感をサポート

※「ピュリナ プロプラン キャット 成猫用」と比較し約45%低脂肪、約10%低カロリー、約20%高たんぱく質

    • ・ ミネラルバランスを調整しシュウ酸カルシウムとストルバイトが形成されにくい尿環境に配慮
    • ・ 抗酸化成分(ビタミンAおよびE)が健康を維持することにより免疫系をサポート
    • ・ 優れた嗜好性

給与方法

この製品は成猫期に必要な栄養バランスを満たしています。

  • 1日の給与量の目安<減量する場合>
    体重(kg) 2 3 4 5 6 7 8
    給与量(g) 27 40 53 66 80 93 106
    カップ数 0.3 0.5 0.7 0.8 1.0 1.2 1.3
  • 1日の給与量の目安<体重を維持する場合>
    体重(kg) 2 3 4 5 6 7 8
    給与量(g) 37 56 74 93 111 130 148
    カップ数 0.5 0.7 0.9 1.2 1.4 1.6 1.9

    体重8kg以上は、減量する場合は+1kgごとに13g追加し、体重を維持する場合は+1kgごとに19g追加

    ●1カップ(200cc)は約79gです。
    ●給与量は生活環境や活動量、BCSなどを加味し、獣医師の指導のもと調整してください。
    ●1日の給与量を数回に分けて給与することを推奨します。
    ●この製品は成猫期に必要な栄養バランスを満たしています。
    ●毎日、新鮮な水を用意してください。

保証成分、その他の含有成分、
カロリー含有量(代謝エネルギー)

  • 保証成分
    たんぱく質
    50%以上
    脂質
    8%以上10%以下
    粗繊維
    9%以下
    灰分
    8.2%以下
    水分
    12%以下
  • その他の含有成分
    カルシウム
    0.9%以上
    リン
    0.85%以上
    マグネシウム
    0.1%
  • カロリー含有量(代謝エネルギー)
    約324kcal/100g

原材料名

コーングルテン、小麦グルテン、脱脂大豆、家禽ミール、オーツファイバー(食物繊維源)、大豆たんぱく、米、フィッシュミール、セルロース、牛脂、たんぱく加水分解物、L-カルニチン、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸(タウリン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
※着色料、保存料は使用しておりません。

関連製品

  • 猫用サプリメント

    ハイドラケア | 経口補水液

    飼育環境や健康状態により水分摂取量が気になる猫の経口補水液

    詳しく見る
  • 猫用療法食

    NF | 腎臓ケア
    初期ステージ対応

    慢性腎臓病の初期ステージ(IRISステージ分類Ⅰ・Ⅱ)に配慮した低リン・中等度たんぱく質設計

    詳しく見る
  • 猫用療法食

    NF | 腎臓ケア
    中期ステージ以降対応

    慢性腎臓病の中期ステージ以降(IRISステージ分類III・IV)に配慮した低リン・低たんぱく質設計

    詳しく見る
  • 猫用サプリメント

    フォーティ フローラ

    全米の獣医師が最も選んだ※プロバイオティクスサプリメント
    ※Kantar Millward Brown Veterinary Tracker, 2016

    詳しく見る
  • 猫用療法食

    UR | 下部尿路ケア

    下部尿路疾患に配慮し、適切な尿pHとなるようミネラルバランスを調整

    詳しく見る
  • 猫用療法食

    UR | 下部尿路ケア
    (ウェット)

    下部尿路疾患に配慮し、適切な尿pHとなるようミネラルバランスを調整

    詳しく見る

「ピュリナ プロプラン ベテリナリーダイエット」の
療法食やサプリメント製品は獣医師専用です。
お求めの際は、これらの製品の取扱い動物病院を受診され、
愛犬・愛猫の健康状態に応じた使用について、
獣医師にご相談ください。