ネスレアミューズ

ポリフェノールの健康効果

美容

コーヒーポリフェノールでシミが減る!?

美容に大切なこと

図を拡大する

[図]顔⾯画像解析装置VISIAによる表⾯シミ(左)と紫外線シミ(右)の測定

図を拡大する

コーヒー摂取が肌の状態におよぼす影響を調べた最新の研究結果が、お茶の水女子大学の近藤和雄教授(現在、東洋大学)らの研究グループにより発表されました。30~60歳の女性131人を対象に、顔のシミ(メラニン分布)を非侵襲的に顔面画像解析装置で測定しました。この方法では[図]のように特殊な撮影で表面と目に見えない内部のシミを撮影し、イメージング技術によりシミの量をスコア化できます。

顔⾯画像解析装置VISIAによる
表⾯シミ(左)と紫外線シミ(右)の測定

その結果、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類など)の摂取が多いほど、シミは少なくなり、1日にコーヒー3杯分となる900mg以上のコーヒーポリフェノールを摂取している人は、200mg未満の人に比べて、有意にシミが少ないことがわかりました。

[図]コーヒーポリフェノール摂取のクロロゲン酸類が多い女性ほどシミが少ない

図を拡大する

その後の研究で、コーヒーポリフェノールによるシミの抑制は夏冬に関係なく観察されること、また摂取量が高く維持されている人ほど抑制が顕著であることもわかってきました。

  • 次は「睡眠」
  • 「血糖値」に戻る
TOPへ
close
close
close