閉じる

出 演 者

藤村忠寿(ふじむら・ただひさ)

65年5月29日、愛知県出身。90年にHTB入社、96年『水曜どうでしょう』を立ち上げ、チーフディレクターを務める。

嬉野雅道(うれしの・まさみち)

嬉野雅道(うれしの・まさみち)
59年7月7日、佐賀県出身。 95年にHTBの制作部へ。藤村忠寿と組みディレクター兼カメラマンとして『水曜どうでしょう』に参画。

本広克行(もとひろ・かつゆき)

本広克行(もとひろ・かつゆき)
65年7月13日、香川県出身。テレビ番組ディレクターから映画監督になる。ヨーロッパ企画と映画【サマータイムマシン・ブルース】を創る。ネスレショートムービー【Regret】や、 映画「踊る大捜査線」シリーズにて監督を務める。

上田誠(うえだ・まこと)

上田誠(うえだ・まこと)
79年11月4日、京都府出身。劇団ヨーロッパ企画の代表であり、すべての本公演の脚本・演出を担当。

石田剛太(いしだ・ごうた)

石田剛太(いしだ・ごうた)
79年6月3日、愛媛県出身。99年、第2回公演よりヨーロッパ企画に参加。以降、ほぼ全本公演に出演。

番 組 概 要

テレビ、芝居、映画の分野で「ワクワク、はじまる。」を表現する出演者によるトーク番組です。トークは藤村忠寿・嬉野雅道×上田誠・石田剛太。藤村忠寿・嬉野雅道×本広克行の2部構成。今後楽しみにしている事、ワクワクするような計画などについてフリートークを行います。

【お知らせ】ご好評につき、実際に放送された映像を以下に特別公開いたします。是非ご覧くださいませ。

1.藤村忠寿・嬉野雅道×本広克行

2.藤村忠寿・嬉野雅道×本広克行

1.藤村忠寿・嬉野雅道×上田誠・石田剛太

2.藤村忠寿・嬉野雅道×上田誠・石田剛太

カフェ ネスカフェプレゼンツ 水曜どうでしょうディレクタートークショー

番組に先がけて、10/3に行われた「HTBイチオシ!まつり」会場での藤村D&嬉野Dのトークショーを行いました。その時の様子をぜひご覧ください!

プレゼントキャンペーン

番組放送を記念しキャンペーン実施!全員のサインが入ったバリスタを1名様へプレゼント!

嬉野雅道の『ここだけの話』

嬉野ディレクターが番組内でのトークにあたっての想いや裏話などここだけの話を綴ります。

第1回

さて、特番放送にちなんで本日は長々しい珈琲のはなしを一席。
私の人生のどこかで聞きかじった話にすぎないのですが、
ヨーロッパ世界における珈琲の歴史というものは、あれだそうですね、
アルコールとの対立抗争から始まったそうでございますよ。

これには驚きました。
だってあなた。珈琲がアルコールと競合するってことはですよ、
つまりは珈琲が入るまでヨーロッパで飲料といえばワインやらビールやらをさすばかりだったということになるわけでございましょう?

だったらそれは飲料といえば全部アルコールだったということではないですか。

そんなら子どもだってある程度以上は飲んでいたんでしょうねというのが当時のヨーロッパの実態ということになるわけで。時代の変遷というものは実に興味深いものです。

さぁ、そんな大人も子供も酔いどれていた17世紀中葉のヨーロッパ世界に、
珈琲という真っ黒な色をしたノンアルコールな珍奇な飲み物が入ってくるわけです。
それは今から360年も前のことでございます。

このイスラム文化圏から入ってきました珈琲なる飲料は、最初まずイギリスはロンドンへと持ち込まれ、そこで大ブレイクをしたのだそうですよ。

「え?でもイギリスといえば紅茶でしょ?珈琲じゃないないよねぇ~ティーでしょ?!」

と、今読みながら叫ばれた方もおられるかもしれませんが。
でも流行の順番としては紅茶よりは珈琲が先だったそうですよ。

当時、珈琲は、それを淹れて飲ませるコーヒーハウスとともに大ブレイクしていくのでございますが。
大ブレイクのムードというものには、小なりといえども私にも覚えがございます。

ページ上部へ