Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content

ピュリナの研究

Componets
Image 2:20

Purina Institute

Purina Institute(ピュリナ インスティテュート)は、ペットの栄養科学に関する知見を世界  
に届ける学術組織です。 
世界中で500名以上を超える科学者やペットケアの専門家で構成され るネットワークを持ち、
世界8か所の研究開発拠点と結びつけることでペットの健康を科学し  
ます。

認知機能不全症候群の犬には様々な変化が現れます。代表的なものには、家の中や庭で迷子になる、撫でられることや可愛いがられることに対して興味が減る、夜間に鳴いたり吠える、粗相をするなどがあります。

 

ピュリナペットケアでは犬の認知機能不全症候群に対して中鎖トリグリセリド(MCT)が有効であることを長年にわたり研究し、フードへの応用技術を開発致しました。

アレルギーは、持つ人々の社会的な活動や日常生活に支障をきたすだけでなく、効率と集中力を低下させ、生活の質を損ねます。特に、猫アレルギーは5人に1人が持っていると言われるほど一般的なアレルギーです。

 

猫アレルギーは猫の唾液に含まれるFel d 1という物質がアレルギーの原因の大半を占めます。Fel d 1を含んだ唾液はグルーミングの際に猫の体に付着し、毛やふけと一緒に空気中を漂うことで人にアレルギーを引き起こします。

 

この問題に対してピュリナペットケアはFel d 1を中和するフード技術を開発いたしました。これは猫アレルギーをもつ人と猫の関係を変える画期的な研究成果の一つです。