• HOME
  • 高度慢性期医療における経腸栄養の意義と有用性 (1/2)
記事

高度慢性期医療における経腸栄養の意義と有用性 (1/2)

第27回 日本慢性期医療学会 ランチョンセミナー2

日 時
2019年12月3日(火)
会 場
大阪国際会議場 12階 会議室1202
共 済
ネスレ日本株式会社
ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー

登壇者

  • 座 長
    富家病院 理事長 富家 隆樹 先生
  • 演 者
    札幌医科大学医学部 集中治療医学 巽 博臣 先生
  • 演 者
    新戸塚病院 総合診療部(外科) 中尾 健太郎 先生

急性期と慢性期、栄養療法に相違点はあるか

演 者
札幌医科大学医学部 集中治療医学 巽 博臣 先生

「安易に腸管を休ませない」ために栄養療法の早期開始を重視

重症患者の栄養療法で問題とされるのは、①侵襲に伴う腸管蠕動麻痺、②腸管を使わない期間の長期化です。①は嘔吐、誤嚥性肺炎、VAP(人工呼吸関連肺炎)が発生しやすくなり、経腸栄養の開始遅延や中止につながります。②による影響は、腸管蠕動麻痺が遷延することが挙げられます。

こうしたリスクを低減するためには、「安易に腸管を休ませない」ことが重要です。『日本版 重症患者の栄養療法ガイドライン』(日本集中治療医学会)で推奨されているように、早期に経腸栄養を開始することが望ましいと考えています。

また、絶食症例でTPN を施行すると、腸管機能が低下し、消化器症状が出やすいと言われています。そのため、経腸栄養による腸管機能の維持が重要となります。経腸栄養の開始時期について、「絶食から24 ~ 48時間以内の開始」の方が、「48 時間以降の開始」よりも腸管機能の回復が早く、消化器症状が少ないと考えられます(図1)。

図1 経腸栄養による腸管機能維持
新規登録またはログインすると
コンテンツをすべて見ることができます
新規会員登録 ログイン

ピックアップ記事・動画