嚥下評価ツール EAT-10(イート・テン) 嚥下評価ツール EAT-10(イート・テン)

EAT-10(イート・テン)とは? EAT-10(イート・テン)とは?

EAT-10 最近、水やお茶を飲む時むせたり、食事に時間が掛かると感じている方に関しては、飲み込みの状態(嚥下状態)をしっかりと見極め、むせや誤嚥を防いだり、嚥下の状態に合わせた適切な食事形態の調整に努めたいもの。嚥下機能状態を見極める方法はいくつかありますが、なかでも「EAT-10」は、簡単に嚥下機能状態がわかる便利なツールとして世界各国で普及が進んでいます。
「EAT-10」の実施・評価方法は、飲み込みに関する10 個の質問に答えていき、各質問の評価点数を合計するだけで、嚥下障害の可能性の有無を見極めることができます。短時間で実施でき、様々な状態の方、若年者、高齢者の区別なく利用できます。
また、現在の嚥下状態あるいは状態の変化に、いち早く気づくこともできます。嚥下障害の方だけでなく、嚥下が気になる方にも有用なツールです。嚥下障害の可能性有りと出た場合は、専門家にしっかり評価してもらってください。ぜひ試してみてください。

EAT-10 実施と評価 EAT-10 実施と評価

飲み込みに関する10 個の質問に答えてください。
各質問の該当する番号をクリックしてください。

Check
1
この3ヵ月の間に、飲み込みの問題が原因で、体重が減少しましたか?

選択してください

Check
2
この3ヵ月の間に、飲み込みの問題が原因で、自宅や病院/施設での食事以外は食べたくないと思ったことはありますか?

選択してください

Check
3
液体を飲み込む時に、余分な努力が必要だ

選択してください

Check
4
固形物を飲み込む時に、余分な努力が必要だ

選択してください

Check
5
錠剤を飲み込む時に、余分な努力が必要だ

選択してください

Check
6
飲み込むことが苦痛だ

選択してください

Check
7
食べる喜びが飲み込みによって影響を受けている

選択してください

Check
8
飲み込む時に、食べ物がのどに引っかかる

選択してください

Check
9
食べる時に咳が出る

選択してください

Check
10
飲み込む時に、食べ物がのどに引っかかる

選択してください

合計点数
40 
合計点数が3点以上の場合には、嚥下の機能に問題がある可能性があります。専門医に相談することをお勧めします。
  • 参考文献: 渡邉光子,沖田啓子,佐藤新介,瀧本泰生,岡本隆嗣,栢下 淳. 嚥下スクリーニング質問紙EAT-10暫定版の有用性の検討, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌. 2014; 18(1): 30-36.
  • EAT-10の有効性と信頼性については以下の論文で詳細に説明されています。
  • 参考文献: Belafsky PC, Mouadeb DA, Rees CJ, et al.Validity and reliability of the Eating AssessmentToo(l EAT-10), Annals of Otology, Rhinology & Laryngology. 2008; 117(12): 919-924.

ページトップ ページトップ