高齢者の
食事介助のポイント

高齢者の食事介助のポイント

※嚥下障害のある方の介助には様々なリスクが伴うので無理をせず、
 慎重に行うことを心がけましょう。
 適切な全身管理を行う医師の指示に必ず従ってください。

食事時の好ましい姿勢のポイント

【座位を保てる場合】

座位が保てる場合は、できるだけ椅子や車椅子に座ってテーブルで食事をとるようにしましょう。少し前かがみになるようにすると、自然と噛む力が強まり、誤嚥も起こしにくくなると言われています。

  • テーブルの高さは、手を置いたときにひじが90度に曲がる程度に。
  • 顎を引き、背筋を伸ばして前かがみの姿勢に。
    背中にクッションなどを置いてもよい。
  • 膝を曲げて両足の裏を床につける
    (踏み台を置いてもよい)。
  • 背もたれのある椅子や
    車椅子に深く腰かける。
    車椅子の場合は必ず
    ブレーキをかけておく。
【上半身を直角に起こせる場合】
  • 背もたれを60度以上起こす。
  • 背中や腰、頭など必要な箇所に枕や
    クッションなどを入れて、顎を引いた状態に。
  • 腰はベッドの折れ目に
    合わせる。
  • 足裏が接していると
    飲み込みやすい。
【上半身を30度くらい起こせる場合】
  • ベッドを30度程度に起こす。
  • 頭の後ろに枕などを入れて、
    顎を引いた状態に。
  • 体がずれないように、
    足の下にクッション
    などを置く。

また、長時間同じ姿勢は避けましょう。
対象者個人にとってのベストポジションを見つけることが重要です。

  • リラックスしているか
  • 安定しているか
  • 誤嚥しにくい姿勢か
  • 介護者が食べ物を送り込みやすいか

食前~食後の食べさせ方のポイント

対象者にあった食物形態を確認し、気が散らないように食事に意識を集中させ、なるべく疲れない時間(30分程度)内に食べ終えるようにしましょう。

【食事時の環境チェックポイント】
  • テレビなど興味をそらすものがないか。
  • 使い慣れた使いやすい食器が揃っているか。
  • 介助者もリラックスしているか
    (多忙で心に余裕がないと、せかしたり、雑な介助になりがちです)。
【食事前のチェックポイント】
  • 口腔内が汚れていないか汚れている場合は口腔ケアが必要です。
  • ウォーミングアップは十分か頸部の体操、のどのアイスマッサージ、少量の水の嚥下など。
  • 頸部の体操:首を回したり、左右前後に倒す(回遊運動)。
  • のどのアイスマッサージ:
    凍らした綿棒で口蓋弓(口内の上、顎の湾曲した部分)や舌根部を押したり軽くなでたりして、刺激を与え嚥下反射を誘発させる。
【食事中のチェックポイント】
  • 嚥下は大丈夫か、むせはないか。
    食べ物を口に入れたら、顎を引かせ嚥下運動を確認しましょう。
  • 嚥下後、湿性嗄声はないか。
    必要なら空嚥下(つばだけ飲み込む)を行ってみましょう。
  • 湿性嗄声:湿ったガラガラ声のこと。嚥下の後にみられると、咽頭残留や誤嚥が疑われます。

介助者の心得

【介助者のチェックポイント】
  • 介助者の位置は適当か。
    対象者に上を向かせないようにします。
  • 声かけをしているか。
    何を食べるか対象者に見せ「しっかり飲み込みましょう」といった声かけをしましょう。
  • 食べさせるペースは適当か。
    嚥下障害のある方は、飲み込みに時間がかかるので、食べさせるペースが早いと飲み込みが追いつかず、誤嚥や窒息につながります。
    介助者は、一口与えたらご自身も一口食べるといったイメージで食べさせると良いでしょう。口内を見て、飲み込んだことを確認してから次に進むと良いでしょう。
  • 一口量は適当か。
    一口量が多いと、誤嚥や窒息の原因となります。少ないと嚥下が起こりにくいこともあります。スプーンにのせる量や、ペース配分も考え調整して食べさせましょう。
参考文献:
藤島一郎・柴本 勇監修.動画でわかる摂食・嚥下リハビリテーション.中山書店.2004
柴田浩美.摂食の基本とリハビリテーションブラッシング.別冊総合ケア.医歯薬出版.1996
一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会,中村育子.無理なく楽しむ在宅介護シリーズ5
知っておきたい高齢者の食と栄養.2018

ページトップ ページトップ