ネスレ バランスレシピ

バランスの取れた食生活を心がけましょう!

バランスレシピトップへ

糸こんにゃく(しらたき)
糸こんにゃくとは、こんにゃく粉またはこんにゃくの生芋を板こんにゃくより固めに練って、細い穴から熱湯中に押し出して固まらせて作った細い糸状のこんにゃくのことです。こんにゃくには、生芋で作られた薄灰色、皮を除いたこんにゃく粉で作られた白色、こんにゃく粉に海草の粉末などを加えた黒色があり、関東では白いこんにゃく、関西では黒いこんにゃくが多く売られています。白い糸こんにゃくは、機械から出てくる様子が白い滝のように見えることから、「しらたき」とも呼ばれています。また、単に「糸こんにゃく」をより細くしたものを「しらたき」と呼ぶ場合もあります。いずれも、すき焼きや煮物、和え物などに使われますが、凝固剤に使われている石灰の臭みがあるので熱湯でさっと茹でてから使うのがポイントです。またすき焼きの時、肉と糸こんにゃくを並べて煮ると凝固剤のカルシウムイオンの作用で肉がかたくなるので、なるべく離して煮るようにしましょう。
糸こんにゃくを使用したレシピはこちら
糸こんにゃくを使用したレシピはこちら
1から始める料理基本トップへ >>


ウインドウを閉じる