ネスレ バランスレシピ

バランスの取れた食生活を心がけましょう!

バランスレシピトップへ

フランクフルトソーセージ
フランクフルトソーセージとは、直径が20~36ミリほどある太めのソーセージのことで、ドイツのフランクフルトで作られたことがこの名の由来です。塩漬け(塩せき)にした豚肉や牛肉、または牛豚混合肉を挽いてスパイスを加え、豚腸や人工ケーシング(表皮)に詰め、燻製(スモーク)後ボイルして作られます。《一部燻製しないものもあります》皮なしフランクフルトソーセージは、ボイル・冷却後ケーシングを取り除いたものです。そのままゆでたり焼いたりしてマスタードをつけて食べるのが一般的ですが、スープ煮や煮込み料理などにも利用されます。
1から始める料理基本トップへ >>


ウインドウを閉じる