ネスレ バランスレシピ

バランスの取れた食生活を心がけましょう!

バランスレシピトップへ

耐熱容器
耐熱容器とは、熱膨張率を小さくして急激な温度変化に耐えられるように作られた容器のことで、ガラスや陶磁器、合成樹脂(プラスチック)などで作られたものが売れらています。耐えられる温度によって使い方が違い耐熱温度が120℃以上の熱湯用や電子レンジ用、150℃以上の直火用、200℃~400℃のオーブン用の耐熱容器があります。また、お料理を盛り付けたまま冷凍した後で、直火にかけたり、オーブン調理や電子レンジ加熱しても大丈夫な「超耐熱容器」と呼ばれるものもあります。用途に合った耐熱容器を選ぶことが大切です。
1から始める料理基本トップへ >>


ウインドウを閉じる