スイングを磨くにはたくさんの時間と練習が必要だ。しかし、「考え方や攻め方を少し変えるだけで、今よりも確実にスコアがアップします!」とネスレ社員のプロゴルファー近藤共弘は断言する。
アマチュアゴルファーにも大いに参考になる「近藤流ラウンド術」を披露!

  • 近藤共弘イメージ
  • 近藤共弘イメージ
  • 近藤共弘イメージ
  • 近藤共弘イメージ
  • 近藤共弘イメージ

アイコンプロフィールProfile

コレだけはおさえておきたい基本編

Lesson1

ティショットで危険ゾーンを避ける

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    左サイドがOBのティショット。「左にミスしちゃダメ!」って分かっているのに、チーピンやフックを打ってしまうんだよね。左右どちらかがNGという状況。近藤プロはどうやってティショットを打っている?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    ティグラウンドの使い方を工夫しています。ティショットでミスする人は、いつも同じ場所にティアップしている人が多いですね。ティグラウンドは幅が数メートルありますから、状況に合わせてポジションを変えることで視界が変わり、NGエリアのプレッシャーを減らすことができるんです。

矢印

おさらい※基本編の動画を連続で再生できます。

Lesson2

フェードとドローを打つためのティアップの位置

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    ゴルフで毎回、ストレートボールを打つのはなかなか難しいよね。ティショットでスライスやプッシュアウトを打つ傾向がある人、フックやチーピンを打つ傾向がある人、それぞれミスを防ぐ方法はある?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    第1回の「危険ゾーンを避ける」と同様、ティグラウンドを有効活用しましょう。曲がる傾向がある側にティアップして逆サイドに狙いを定めると、コースを広く使うことができます。つまり、スライス、フェードなどボールが右に曲がるならティグラウンドの右側に立って左サイドに目標を設定。左に曲がるドロー、フック系のゴルファーは左側に立って右サイドを狙います。

矢印

おさらい※基本編の動画を連続で再生できます。

Lesson3

スコアアップにつながるグリーンの狙い方

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    コースマネジメントのセオリーとして、「手前から攻める」と言われているよね。ただ例えば、ピン位置がグリーン手前から5ヤードくらいしかない時、アマチュアゴルファーがグリーンの手前のエリアを狙うのは難しいと思わない?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    たしかに手前から攻めるのはセオリーです。でも手前にピンが切ってあるときは、グリーンの手前のエリアを狙うとショートする可能性が高まります。短いアプローチは意外に難しくミスしやすいので、そんなとき僕はグリーンの奥を狙っています。

矢印

おさらい※基本編の動画を連続で再生できます。

Lesson4

2パット以内で上がるパット術

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    前回のレッスンは、「カップから遠くなってしまっても、まずはパーオンさせることが大切」という内容だったけど、アマチュアゴルファーはロングパットで距離感を合わせるのが難しいんだよね。何かいいアドバイスある?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    よく聞くのは「このストローク幅で打てば何メートル」と決めているケース。でも同じ幅で動かしても、スイングスピードやインパクトの力加減で転がる距離は変わってしまいます。僕は「距離感は目で作るもの」だと思っているんです。カップを見ながら素振りをするのがおすすめですね。

矢印

おさらい※基本編の動画を連続で再生できます。

Lesson5

花道からミスしないアプローチ法

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    アマチュアゴルファーの代表的なミスの悩みが「アプローチのトップとざっくり」。せっかくグリーンの近くまできたのに、そこから大叩きしちゃうことがあるんだ。近藤プロからミスを防ぐいいアドバイスはない?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    アプローチが苦手なアマチュアゴルファーを見ていると、よくあるのがボールの位置が左に寄りすぎているケース。これでアドレスのままの体勢で打つと、ボールに届かなくなるので体重移動をしてしまうんです。結果、色々なミスが出てしまう。クラブを短く握ってボールを右足寄りにセットするとクリーンに打てますよ。

矢印

おさらい※基本編の動画を連続で再生できます。
おさらい※基本編の動画を連続で再生できます。

ステップアップを目指すための上級編

Lesson6

ガードバンカーからきっちり寄せる

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    バンカーが苦手なアマチュアは多いけど、ガードバンカーは特にクセモノ。カップに寄せることが難しいのはもちろん、2度、3度と打ち直すケースもあるよね。バンカーが苦手な人にアドバイスをしてあげてもらえる?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    ひとくくりにガードバンカーといっても、ライによって難易度が変わります。一番難しいのは左足下がり。ボールが上げにくいので脱出が最優先です。ただ、どんなライでもヘッドを上から入れること、傾斜なりに構えること、そしてフェースを開いて使うことの3点を守れば苦手は克服できるはずです。

矢印

おさらい※上級編の動画を連続で再生できます。

Lesson7

フェアウェイバンカーからグリーンを狙う

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    ティショットが左右に曲がってフェアウェイバンカーにつかまってしまうケースはよくあるよね。アマチュアゴルファーのミスで多いのがダフってしまって脱出できないケース。近藤プロが気を付けていることは?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    フェアウェイバンカーで一番避けなければいけないミスはダフってしまうこと。ボールを上げにいくとダフるので、低い球を打つイメージを持っています。また、ハーフトップ気味にボールを打つことも大切。ボール位置はいつもよりボール半個分、右にセットして、クラブを少し短く持っています。

矢印

おさらい※上級編の動画を連続で再生できます。

Lesson8

左足下がりの傾斜を攻略

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    フラットなライからだと上手にボールを打つアマチュアでも、左足下がりの傾斜からダフったり、トップしてしまうという人は多いよね。ミスしない左足下がりからの打ち方を伝授してもらえる?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    ミスしてしまう大きな原因はボールを上げにいこうとするから。高い球を打ちづらい状況なので、まずはライナーで打つイメージを持つことが大切です。また、左足下がりは球がつかまりづらく右に飛ぶので、左を向いて構えることもポイントです。ボクの場合、アウトサイド・インに振ることを意識しています。

矢印

おさらい※上級編の動画を連続で再生できます。

Lesson9

左足上がりの傾斜を攻略

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    左足下がりに比べてボールが上がりやすいのが、左足上がりの傾斜。だけど、このライを苦手にしているアマチュアも多いんだよね。近藤プロが実践していることが皆さんのヒントになるかもしれないね。

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    ボクが心がけているのは、まず番手を上げること。左足上がりのライで傾斜なりに構えると、ロフトが寝るのでいつもより飛ばなくなってしまうからです。また、短く握ってコンパクトに振ることでミスを防ぎます。どんな傾斜地でも、少しでもライが悪いなと感じたら短く持って確実にボールをとらえるようにしてください。

矢印

おさらい※上級編の動画を連続で再生できます。
おさらい※上級編の動画を連続で再生できます。

いざというときに差が出るトラブル対処編

Lesson10

林から低く打って寄せる方法

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    林の中からの脱出ショット。低い球を打とうとしてロフトを立てて打ち込むけど、それでも幹や枝に当ててしまったり、芝に食われて脱出できない人は多いよね。一発で脱出するためにはどうすればいい?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    まずは番手選びが大切です。4番や5番アイアンなどロフトが立っているクラブで低い球を打つと芝に食われてしまいます。7番アイアンくらいでゆっくり払い打つとほどよくキャリーが出て林から抜け出しやすくなるんです。

矢印

おさらい※対処編の動画を連続で再生できます。

Lesson11

深いラフからのアプローチ

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    アプローチショットのミスの代表格といえばザックリやちゃっくり。ラフが深くなればなるほど、難易度は上がっていくよね。ミスを防いで、しかもカップに寄せられるラフの打ち方はある?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    アマチュアの皆さんはボールを直接打とうとするからミスが出るんだと思います。フェースを開いたまま、ボールの手前の芝からザザザッと刈っていくイメージでヘッドを動かすと意外にボールをコントロールできるんです。ボールを“点”で狙うのではなく、適当に振るほうがうまくいきますよ。

矢印

おさらい※対処編の動画を連続で再生できます。

Lesson12

残り50ヤードのバンカーショット

  • ゴルフボールタケ小山の解説
    タケ小山イメージ

    50ヤードくらいの距離を打たなければいけないバンカーショットは、「うまく打てる気がしない!」という人が多いよね。実際、プロでも難しいと思うんだけど、そんなシチュエーションで近藤プロは何を考えている?

  • ゴルフボール近藤共弘の解説
    近藤共弘イメージ

    「SWを持って球を右に置いてクリーンに打つ」という打ち方をしている人が多いですよね。その打ち方は非常に難しいので避けてもらいたいですね。ポイントはいつものガードバンカーのショットと同じように打つこと。飛距離が必要なら、打ち方を変えるのではなくPWを持つなどクラブを換えればミスは減らせます。

矢印

おさらい※対処編の動画を連続で再生できます。
おさらい※対処編の動画を連続で再生できます。