閉じる

ネスレUV予報について

chapter 01

お肌危険度とシミ年齢

「お肌危険度」とは、あなたが浴びる紫外線による、お肌のダメージ度合いを表したものです。危険度が高いほど、シミができるなど、肌がダメージを受ける恐れが高くなります。このコンテンツでは「お肌危険度」を三段階で表しています。

緑:大きな影響はないでしょう。
黄:シミ年齢をやや早く進める恐れ。
赤:シミ年齢を1日で数日分進める恐れ。

毎日「お肌危険度」をチェックして、お肌へのダメージリスクを減らしましょう。

お肌危険度 イメージ

年々増えていくシミ。紫外線の影響で「シミ年齢」は毎日少しずつ進むのです。シミの原因は毎日浴びる紫外線が肌細胞(主に表皮角化細胞)の遺伝子に傷をつけることが引き金になると考えられています。たくさんの傷もほとんどは元通りに修復されるのですが、一部が間違って修復され、遺伝子の働きがうまくいかなくなることがあります。メラニン生成に関わる遺伝子の間違った修復がすべてシミの原因になるわけではありませんが、間違いの位置が悪く、メラニンを過剰に作り続ける遺伝子になってしまった場合にシミになります。

紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)があります。遺伝子の傷はUVBが主原因です。一方、UVAはUVBほど高いエネルギーは持っていませんが、地表に届く量は圧倒的にUVBより多く、季節差も小さいため、冬などUVBが少ない時期でもUVAを多く浴びる危険があるのです。UVAは肌で活性酸素を発生させ、弱いながら遺伝子に傷をつけますが、その働きのひとつは、すでに出ているシミを濃くすることです。最近の調査で、日本の成人女性はサンスクリーン効果のある化粧品を年間通じて使用している方がほとんどで、シミの新たな発生はあまり起こらず、むしろ既存のシミが年々拡大しているケースが多いことがわかってきました。シミの拡大にはUVAの影響が大きいことが推察されます。UVAはUVBと比較し、冬場でも地表に大量に到達しています。

紫外線を一度にたくさん浴びたり、少しでも頻度高く浴びれば、傷を間違って治す確率が高くなり、その結果シミになる確率も確実に高まります。1日で修復できるのは、生じた遺伝子の傷の半分程度と言われ、傷は蓄積してしまいます。傷を持った状態で細胞が分裂すると遺伝子に間違いが起きやすいのです。お肌危険度では、季節のほか、あなたのいる場所(緯度、海抜などで影響される)の紫外線量、外出傾向、スキンタイプ、日傘や日焼け止め(サンスクリーン)などのケア状況からあなたの今日の紫外線による肌ダメージを予想しています。

<コース(感度)設定について>
お肌危険度はその日の予想紫外線量とあなたの生活パターンなどから算出しています。設定項目の中で、昼の外出時間とUV対策、特にサンスクリーン剤(日焼け止め)の使用頻度は、危険度に大きく影響します。このコンテンツでは、個々人の状況にあった危険度表示ができるよう感度を変更することができます。

・ふつうコース(感度×0.3)
・美白コース(感度×1)
・がんばる美白コース(感度×3)
「美白」コースの目安は、昼の外出時間が30分未満で、夏場はサンスクリーンか、サンスクリーン剤の入った化粧品を「だいたいつける」方です。これよりも紫外線を浴びる生活パターンの方は、「ふつうコース」 を、もっと美白を目指す方は「がんばる美白コース」に設定してみてください。

【監修】
アーツ銀座クリニック院長
神戸大学名誉教授/同志社大学客員教授
市橋正光先生