閉じる

東京

東京 - 昔と今が融合する世界都市

地図:東京

ニューヨーク、ロンドン、パリと並ぶ世界有数の大都市「東京」。経済的な活力のみならず、エンターテイメント、文化芸術、四季の移ろいなど、多くの人を魅了して止まない成熟した世界を築き上げています。

街を歩けば最先端のトレンドと、江戸時代から続く伝統文化がほどよくマッチ。六本木ヒルズ、お台場、汐留など話題のスポット、高級ブランドが並ぶ銀座や、流行発信地である渋谷・原宿の街歩きのほか、浅草・両国界隈の下町めぐりなど楽しさはつきません。また、世界一高い電波塔として注目を集めている東京スカイツリーも新名所になりました。

世界中のおいしいものが集まるグルメシティでもあり、なかでも東京を代表する味わいが江戸前寿司。その名の通り、江戸っ子の心意気、庶民性など、江戸に生きた庶民文化が生み出した握り寿司として食通の喉をうならせています。ちょっぴり歩き疲れたら、お寿司でもつまんで舌鼓。あとは都会の雰囲気に浸りながらコーヒーでも飲み、ゆったりとしたひとときを。さあ、あなたも、気の向くままに東京散歩を満喫しませんか。

ご紹介した都市一覧はこちら

江戸前寿司

江戸前寿司

東京の郷土料理は、江戸時代に生まれたものが多いのが特徴です。その頃、江戸の前の海(現在の東京湾)は天然の漁場で、ここで獲れた新鮮な魚介類をネタとして使ったことから「江戸前寿司」と言われるようになりました。

握り寿司が中心で、握る時、瞬時に生じるネタとシャリ(すし飯)が一体となった食感が江戸前寿司の醍醐味であり、そのバランスが職人の腕の見せ所。もともとは屋台などで庶民が気軽に楽しんだもので、握りたてを手でつかみ口に運ぶのが、伝統的で寿司を堪能できる通の食べ方とか。車エビ、トロ、コハダ、アナゴ、ウニ、タコ...。粋でいなせな江戸っ子の心意気を存分に楽しみたいものですね。

「寿司」を使った
おすすめレシピ

鮪(マグロ)の手まり寿司
鮪(マグロ)の手まり寿司 調理時間:20分
カロリー:495kcal
彩り洋風手巻き寿司
彩り洋風手巻き寿司 調理時間:20分
カロリー:624kcal
3色いなり寿司
3色いなり寿司 調理時間:30分
カロリー:234kcal
レシピ一覧はこちら