閉じる

バルセロナ

バルセロナ - 陽光降り注ぐ地中海の港湾都市

地図:バルセロナ

スペインの首都マドリードに次ぐ第二の都市バルセロナ。13~15世紀にかけて建てられたゴシック様式の建物が今も残る旧市街と、碁盤の目のように整然とした新市街が混在し、この新旧の調和が独特の美しさを醸し出しています。数々の世界遺産が街に融合し、中でもバルセロナの顔となっているサグラダ・ファミリア教会は、建築界の巨匠・ガウディの傑作。ガウディが生涯かけて取り組んだ壮大な作品で、ガウディ亡き今も建造が続けられています。

美食の都といわれるバルセロナでは、食も楽しみのひとつ。カフェやバル(Bar)の看板が至る所に見られます。バルは日本のバーと違って、喫茶店とレストランと居酒屋を兼ねた便利なお店。コーヒー好きのスペイン人は、必ずと言っていいほど食後にコーヒーを飲む習慣があります。スペインのコーヒーは、エスプレッソが主流。何も入れずにそのまま飲む「カフェ・ソロ」が基本で、それに少しだけミルクが入った「カフェ・コルタード」や、コーヒー5~7に対して、ミルク5~3の割合で出される「カフェ・コン・レチェ」がよく飲まれています。

ご紹介した都市一覧はこちら
スペインのネスレ製品

スペインのネスレ製品
EKO(シリアル飲料)

パエリア

パエリア

米と肉、魚介類、野菜などの具材をオリーブオイルで炒め、サフランと塩を加えて炊き上げたスペイン料理、パエリア。もともとバレンシア地方が発祥で、今ではスペイン各地に広まり、その土地独自の素材を使ったさまざまなパエリアがあります。

日本でパエリアというと、魚介類を使ったものが一般的ですが、本場バレンシアでは、ウサギ肉やカタツムリなども用います。パエリアは、スペインではパエージャと呼ばれています。これは「丸型の浅い金属製の鍋」をさす言葉で、この鍋で調理することに由来しています。米の代わりに細いパスタを使った、フィデウアと呼ばれるパエリアの一種も人気があります。

「パエリア」を使った
おすすめレシピ

パエリア(地中海風炊き込みご飯)
パエリア(地中海風炊き込みご飯) 調理時間:30分
カロリー:344kcal
フライパンDEパエリア
フライパンDEパエリア 調理時間:46分
カロリー:432kcal
カレー風味のシーフード パエリアサラダ仕立て
カレー風味のシーフード パエリアサラダ仕立て 調理時間:27分
カロリー:387kcal
レシピ一覧はこちら