閉じる

北京

北京 - 悠久の歴史が作り上げた都市

地図:北京

紀元前約7000年という遥か昔から文明が栄えていた中国大陸。現在、13億人以上の国民を抱える中華人民共和国の首都・北京は約2000万の人々が暮らす世界屈指の大都市で、世界最大の建造物「万里の長城」、明(みん)、清(しん)の歴代の皇帝・皇后が暮らし、中華帝国の中心となっていた「故宮(紫禁城)」、西太后が愛した風光明媚な「頤和園(いわえん)」など、6つもの壮大な世界遺産を抱えています。

北京の伝統的な景色が広がるのが、旧城内を中心に点在する小さな路地「胡同(フートン)」。灰色レンガの伝統家屋「四合院」が密集するこの地域には、車がすれ違えないような路地が縦横無尽に張り巡らされ、庶民の暮らしが垣間見える路地裏探索をすることができます


中華料理の一つ「北京料理」は、北京が首都となった時代以降の宮廷料理や家庭料理から生まれた郷土料理。北京ダックやピータン、饅頭(まんとう)など、手の込んだ、繊細で見栄えのする料理が多く、米や魚よりも、小麦粉や肉を多用しています。

ご紹介した都市一覧はこちら

餃子

餃子

中国では紀元前からすでに食べられていたと言われる餃子。いまでは日本でも、立派な家庭料理となっています。

日本では焼いて食べる「焼き餃子」が一般的ですが、中国では「水餃子」が主流で、主食の一つとして食べられているそうです。焼く、茹でる、のほかにも、蒸す、揚げるなど、いろいろな調理法を楽しむことができ、具の食材と調味料の組み合わせで、味のレパートリーが広がるのが魅力です。

中国、日本以外にも、朝鮮半島、ポーランド、スロバキアなどの中欧、ウクライナ、リトアニアなどの東欧、ロシア、イタリアなどにも餃子に似た食文化があります。イタリア料理で有名なラビオリは、東洋の餃子をもとに、現地の味覚に合うようにアレンジされたものだとか。

「餃子」を使った
おすすめレシピ

白菜たっぷり餃子
白菜たっぷり餃子 調理時間:25分
カロリー:214kcal
プリプリえび餃子
プリプリえび餃子 調理時間:11分
カロリー:176kcal
せん切り大根たっぷりの野菜餃子
せん切り大根たっぷりの野菜餃子 調理時間:30分
カロリー:284kcal
レシピ一覧はこちら