ネスレアミューズ

ようこそゲストさん

実はいちばんすごい?!他ののみものとくらべてみよう

野菜ジュースよりも、牛乳だけよりも、栄養素をたくさんチャージできる!

ネスレ ミロ オリジナル (栄養機能食品)240g
一日あたりの栄養素等表示基準値

体の小さい子どもも必要な栄養素は大人とほぼ同じ

成長期の子どもには、2つの栄養が必要です!

あらゆる食べ物が溢れている現代の日本ですが、成長期の子供に必要とされていながら「まだまだ足りない」栄養素もあるのです。実際、成長期の子供には、お母さんが思っている以上に栄養が必要です。
というのも、子供には2つの栄養が必要。一つは、1日を元気に活動するための栄養、もう一つは成長のための栄養です。例えば、10~11才の子供の場合、体重は大人の約70%ですが、栄養素も70%でいいと思ったら大間違い。右のように、大人以上に必要な栄養素や、同じくらい必要な栄養素もたくさんあるのです。

こんなにたくさんの栄養が必要な子どもですが、胃袋はまだ小さくて、たくさんの量を食べられません。この限られた小さな胃の中に、どれだけ効率よく栄養をいれてあげられるかが重要になります。「ミロ」は1杯で大切な栄養素をしっかりサポートする麦芽飲料。お母さんの愛情料理と、牛乳に1杯の「ミロ」で子どもの栄養はばっちり!!

みんな、カルシウムや鉄が不足している?!

足りない?!カルシウム

現代の食生活では、不足しがちと言われているカルシウム。カルシウムは身体を支える骨に欠かせない栄養素です。※生後、発育にともない骨量(骨の中のカルシウム量)はどんどん増し、骨量が最大に達するのは20~30歳代(最大骨量)、そして中高年期より減少を示しますので、それまでにどれだけの骨量を増やし、最大骨量をどれだけ高くしておけるかが重要になってきます。成長期の子供のうちから、骨量を高める工夫をしてあげることで、将来の子供の健康をサポートしましょう。
※資料:林泰史「骨の健康学」(岩波書店)より参考

足りない?!鉄

赤血球を作るのに必要な栄養素である鉄は、カルシウムと同様、現代の食生活では比較的とりにくい栄養素。特に女性では不足しがちですが、子どもでも同様に不足しがちです。成長が著しい幼児期には特に必要な栄養素なので、不足しないように心がけましょう。

足りない?!ビタミンD

カルシウムは吸収されにくい栄養素って知っていましたか?比較的吸収されやすいと言われている牛乳中のカルシウムでさえ、その吸収率は40%程度。約60%は吸収されずに排泄されてしまっているのです。ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素。食品からカルシウムを摂るときは、ビタミンDも一緒にとるといいですね。成長期の子どもには、特にビタミンD摂取を意識しましょう。

そんなにおすすめ!

  • 成長期のお子様
  • そのままでは牛乳が飲めないお子様
  • 家族みんなの健康作り
  • 好き嫌いがあって栄養の偏りが心配な方 など
  • 小食で栄養の不足が心配な方