ネスレ バランスレシピ

バランスの取れた食生活を心がけましょう!

バランスレシピトップへ

温泉卵
温泉卵とは、卵黄が半熟状で、卵白が固まりかけのどろりとした状態の茹で卵のことです。卵黄が65℃、卵白が75℃から固まり始める温度差を利用した卵料理で、常に65~68℃の一定温度の湯が涌き出ている温泉湯につけておくと作れることから、「温度卵」とも呼ばれます。
家庭などで温泉卵を作るには、室温に戻した卵を65~68℃を保ったお湯に約30分つけた後、冷水に殻ごと入れて冷やして作ります。1個だけ作る時は、厚手の丼に常温の卵を入れ、熱湯をかぶるぐらい入れてお皿などで蓋をして、タオルで包んで冷めるまでおきます。
半熟状で卵黄の生臭さが少ない温泉卵は、殻から出して、だししょうゆや塩、マヨネーズを添えて食べたり、サラダやカレー、丼などのトッピングとしても使われます。
温泉卵を使用したレシピはこちら
温泉卵を使用したレシピはこちら
1から始める料理基本トップへ >>


ウインドウを閉じる