Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content

ハヤシライスの献立30選!付け合せの副菜やサラダ・スープなどのレシピも

ハヤシライスの献立30選!付け合せの副菜やサラダ・スープなどのレシピも

2669

大人も子どもも大好きなハヤシライスは、手軽に作れて忙しい日の献立にぴったり。でも、食卓に並ぶ料理がハヤシライスだけとなると、何となく物足りなさを感じませんか?

そんなときは、ハヤシライスにもう一品付け加えてみましょう。さっと用意できる付け合せを用意するだけでも、食卓がグッとにぎやかになりますよ。

今回は、ハヤシライスに合うおすすめの献立を、サラダ、スープ、副菜、主菜に分けてご紹介します。ハヤシライスを作る日の献立に悩んだら、ぜひ参考にしてくださいね。

ハヤシライスに合う口直しにいい【サラダ】10選

1.れんこんとツナのサラダ(96kcal/1人分)

20230310-2_1-1.jpg

米酢が効いたれんこんとツナのサラダは、さっぱりした味わいでハヤシライスのお口直しにぴったりな一品。野菜をさっとゆでて調味料と和えればいいだけなので、手軽に作れるのも嬉しいポイントです。ハヤシライスにはないれんこんのシャキシャキ感が楽しめて、噛めば噛むほどお口が喜ぶ満足感の強いサラダです。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.ブロッコリーとツナのサラダ(138kcal/1人分)

20230310-2_1-2.jpg

電子レンジを使った時短調理が魅力の、ブロッコリーとツナのサラダです。緑黄色野菜であるブロッコリーを献立に加えることで、ハヤシライスだけでは単調となりがちな彩りを手軽にカバーできます。ナッツの歯触りを楽しみながら、ハヤシライスと一緒に食べごたえのあるサラダを召し上がれ。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.卵とツナの彩り野菜サラダ(184kcal/1人分)

20230310-2_1-3.jpg

レタスの緑に赤玉ねぎの紫、トマトの赤に卵の黄色と、とにかく彩り豊かなこちらのサラダは、ひと皿で簡単に食卓を華やかにしてくれる嬉しい一品。ハヤシライスだけだと少し地味に見えてしまう食卓も、彩りサラダがあれば一気に豪華な食卓に。「マギー コンソメ 無添加」で作ったシンプルなドレッシングをかければ、野菜本来のおいしさをしっかり味わえます。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.春キャベツとポテトのホットサラダ(99kcal/1人分)

20230310-2_1-4.jpg

ちょっと手間がかかりそうなホットサラダも、電子レンジを使えば誰でも簡単に作れます。春キャベツの甘みとじゃがいものホクホク感が楽しめるこちらのサラダは、粒マスタードが料理の良いアクセントに。ハヤシライスにはないちょっとしたスパイシーさも感じられる献立です。サンドイッチの具にしてもおいしくいただけますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.カリカリベーコンのほうれん草サラダ(97kcal/1人分)

20230310-2_1-5.jpg

ハヤシライスだけではもの足りないときは、ほうれん草とレタスをメインに使ったこちらのサラダはいかがでしょう。カリカリになるまで焼いたベーコンを合わせることで、食べごたえ抜群のサラダが完成します。ハヤシライスのカロリーが気になる方は、ご飯の量をちょっと減らして、こちらのサラダをしっかり食べてみては。サラダだけでも、しっかり満足感を得られますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

6.人参ときゅうりのリボン・サラダ(49kcal/1人分)

1869_1.jpg

野菜をスライサーでカットした、お手軽なのにおしゃれ感もばっちりのサラダです。人参ときゅうりの色合いのコントラストが、食卓にパッと彩りをプラスしてくれますよ。ハヤシライスと合わせれば、まるで洋食屋さんのような献立に。さっと作れるので、急いでいるときのおもてなし料理にもおすすめのレシピです。
 

詳しいレシピはこちら▶

7.ショートパスタとささみのサラダ(147kcal/1人分)

20230310-2_1-7.jpg

4種の野菜にオリーブやバジルをトッピングしたこちらのサラダは、色彩豊かで見た目にも楽しい一品。トマトの風味がベースのハヤシライスとはまた違った、ピリ辛ガーリック風味のドレッシングがクセになりますよ。バラエティ豊かな食材を使っているので、飽きることなく最後のひと口まで楽しめます。食べごたえのあるサイドメニューがほしいときに、ぜひとも試していただきたいレシピです。
 

詳しいレシピはこちら▶

8.ブロッコリーと柿のサラダ(94kcal/1人分)

1745_0.jpg

濃い緑が特徴的なブロッコリーと柿を使ったサラダは、食卓に彩りをプラスするのにもぴったり。さっぱりとしたポン酢風味なので、ハヤシライスの箸休めにもちょうど良いメニューです。野菜が苦手な子どもでも、柿独特のジューシーな甘みのおかげで、おいしく食べられます。お鍋いらずで、調理にも洗い物にも手間がかからないのも嬉しいポイントです。
 

詳しいレシピはこちら▶

9.大根のホットサラダ(78kcal/1人分)

20230310-2_1-9.jpg

寒さを感じる日にハヤシライスをいただくときは、大根のホットサラダを献立に加えてみてはいかがでしょうか。ベーコンと大根をフライパンでさっと炒めれば、冷えたからだに嬉しい温かなサラダが出来上がります。さらに生の水菜も加えているので、シャキシャキ食感が味わえるのもポイント。酸味のあるさっぱり味のドレッシングをかければ、ハヤシライスの味に単調さを感じたときのちょうど良いお口直しになります。
 

詳しいレシピはこちら▶

10.大根の炒めサラダ(61kcal/1人分)

20230310-2_1-10.jpg

濃厚なハヤシライスには、シンプルでほっとする味わいのこちらのサラダがよく合います。食材と合わせ調味料をさっと炒めるだけで作れるので、時間がなくて献立に迷っている日にも重宝できるメニューですよ。大根の葉も使えば彩りも食感もさらにアップ。仕上げに大根の葉を散らして、さっぱりおいしく召し上がれ。
 

詳しいレシピはこちら▶

ハヤシライスとの相性がいい【スープ】10選

1.ブロッコリーとじゃがいものポタージュ(117kcal/1人分)

2969_0.jpg

手間がかかりそうと敬遠されがちなポタージュも、電子レンジを使えばあっという間に出来上がり。ハヤシライスだけではちょっと寂しい食卓も、ブロッコリーのポタージュを献立に加えることで、色鮮やかな食卓に大変身。野菜と一緒に牛乳のクリーミーさも味わえて、小さな子どもも喜ぶほっこりやさしい一品です。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.ブロッコリースープ(94kcal/1人分)

20230310-2_2-2.jpg

ブロッコリーを茎ごとまるっと使った、グリーンの色彩がなんとも美しいスープです。ハヤシライスとは違う味わいを提供するので、ハヤシライスの付け合せにぴったりなレシピです。コク深いバターと生クリームを使って、ワンランク上の濃厚な味わいに仕上げてみましょう。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.小松菜と鶏ささみのスープ(73kcal/1人分)

20230310-2_2-3.jpg

ハヤシライスは少々カロリーがお高めの料理なので、献立を考える際はあっさりと軽めに食べられるメニューをプラスするのがベター。小松菜と鶏ささみのスープは、彩りも鮮やかでカロリーも低めなので、ハヤシライスと一緒に食べるにはぴったり。仕上げにごま油をかけてスープに香ばしさをプラスすれば、ペロリといただけますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.牡蠣(かき)と白菜のチャウダー(236kcal/1人分)

20230310-2_2-4.jpg

白菜や玉ねぎ、人参など、さまざまな野菜が一度にとれるからだにやさしいスープです。白ワインや牛乳をコトコト煮こんだ味わい深いチャウダーなので、洋風なハヤシライスとの相性はばっちり。ふっくらジューシーな牡蠣(かき)の食感も楽しめる一品です。お好みでパルメザンチーズをたっぷりかけて召し上がれ。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.サーモンと白菜の豆乳シチュー(258kcal/1人分)

20230310-2_2-5.jpg

ボリュームがありそうなシチューも、豆乳をメインに使えばコクを残したままさっぱりいただけます。野菜だけでなくごろごろとしたサーモンも入れることで、海の恵みにもあやかれる一品です。「マギー ブイヨン」のうまみがしっかりしみたサーモンは、お肉に負けないくらいのしっかりとした味わい。洋食×洋食の組み合わせで、もちろんハヤシライスとの相性もばっちりです。
 

詳しいレシピはこちら▶

6.玉ねぎとかぼちゃのミルク入りみそ汁(111kcal/1人分)

20230310-2_2-6.jpg

みそ汁といえば和食が定番ですが、「マギー ブイヨン」のコクを効かせた牛乳入りのみそ汁は、和食と洋食の良いとこどりをしたような味わい深い一品。洋食のハヤシライスにもよく合うので、いつもとちょっと違うスープを楽しみたい日の献立にいかがでしょうか。スナップエンドウは、最後にさっとゆでることで、サクサク食感を残すことができますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

7.豆腐の中華風コーンスープ(116kcal/1人分)

20230310-2_2-7.jpg

帰宅時間が遅くなってしまった日や、料理を作るのがおっくうな日には、電子レンジを使った時短スープに頼りましょう。あっさり食べられる豆腐入りの中華風スープは、意外にも洋食のハヤシライスにマッチします。玉ねぎは、電子レンジで加熱してから調理すると、手軽に素材本来のやさしい甘みを引き出せますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

8.かにかまと卵のとろみ中華スープ(93kcal/1人分)

20230310-2_2-8.jpg

ボリュームのあるハヤシライスには、あっさりいただけるかにかまや豆腐の簡単中華スープがよく合います。かにかまぼこの赤や三つ葉の緑など、食材の鮮やかな色合いも楽しめる一品です。卵はスープに水溶き片栗粉を加えてから入れて、一度煮立たせるのがポイント。そうすることで、卵が固まることなくスープの中でふわっと広がりますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

9.大根とチキンのうまみひきたちゴロッとスープ(227kcal/1人分)

20230310-2_2-9.jpg

ハヤシライスだけではちょっと物足りない、というときは、具材がごろごろ入った満足感のあるスープを献立にプラスしましょう。スープは「マギー コンソメ 無添加」でシンプルに味付けすることで、大根のうまみを一層引き立たせることができます。ブロッコリーの緑と人参のオレンジがスープに映えて、食材の鮮やかさも楽しめる一品です。
 

詳しいレシピはこちら▶

10.大根とセロリの香りスープ(78kcal/1人分)

1827_0.jpg

ちょっと重めなハヤシライスも、あっさりすっきり風味のスープを献立に加えれば、無理なくペロリと食べられます。セロリをふんだんに使った、からだが温まるこちらのスープは、仕上げに輪切りにした柚子を添えるのがポイント。柚子の爽やかな風味が、スープの良いアクセントになります。たくさんの食材を食べることができるので、忙しい毎日に重宝するレシピですよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

ハヤシライスともう一品【副菜】5選

1.キャベツと海藻のレモンじょうゆ(24kcal/1人分)

20230310-2_3-1.jpg

味が濃厚なハヤシライスと合わせるにはちょうど良い、さっぱり味の和え物です。わかめを始めとした海藻を使っているので、野菜とは違った風味も楽しめます。小鉢にちょこんと盛るだけでも食卓に緑がプラスされて、献立全体の彩りがアップします。10分で作れるお手軽メニューなので、副菜作りにあまり時間をかけられない日にも便利です。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.サーモンサラダ&まぐろとアボカドのピンチョス(119kcal/1コ分)

20230310-2_3-2.jpg

献立を洋食でまとめたいときには、見た目もきれいなスペインのピンチョスがぴったり。ピンチョスとは、串や楊枝に刺した一口サイズの食べものです。もちろんハヤシライスとの相性もばっちりです。フランスパンをトーストして、あとは具材をのせるだけなのに、まるでひと手間かけたようなおしゃれな副菜があっという間に出来上がり。家族のイベントや、お友達を呼んでのホームパーティーにもおすすめの副菜です。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.里芋ときのこのガーリック炒め(95kcal/1人分)

20230310-2_3-3.jpg

ハヤシライスと一緒に大人の味を楽しみたいときには、赤唐辛子の辛味が効いたガーリック炒めがちょうど良い副菜に。パンチのあるピリ辛風味が新鮮な味わいのレシピです。里芋のほくほく感と、きのこのうまみも後をひきます。冷蔵庫に里いもがないときは、じゃがいもで代用してもおいしく作れそうですね。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.サーモンと大根のイタリアンマリネ(186kcal/1人分)

20230310-2_3-4.jpg

薄く切った大根と、スモークサーモンを合わせたマリネです。写真映え抜群のイタリアンマリネを献立に加えれば、ハヤシライスだけではちょっと地味な食卓が一気に華やかな雰囲気に。さりげなく効かせたコリアンダーで、ちょっぴりエスニックな風味を感じられるのも魅力的。トッピングにチャービルのグリーンを加えて、サーモンの鮮やかなピンクを引き立てましょう。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.ごぼうときのこのきんぴら(87kcal/1人分)

20230310-2_3-5.jpg

ハヤシライスの濃厚な味わいを、よりおいしく感じさせてくれる和風の副菜です。ごぼうと3種のきのこのうまみを、「マギー コンソメ 無添加」が引き立たせてくれています。フライパンひとつで作れるスピードメニューなのも嬉しいところ。ピリ辛の赤唐辛子が食欲をそそる、乙な味のメニューです。
 

詳しいレシピはこちら▶

少しボリュームがあるおかず【主菜】5選

1.たっぷりねぎと人参のオープン・オムレツ(163kcal/1人分)

1986.jpg

食べ盛りの子どもがいるご家庭や、ちょっとボリュームのある夕飯を食べたい方におすすめな献立が、野菜がたくさん入ったオープン・オムレツです。食べごたえはあるのにカロリーは控えめなので、ハヤシライスと合わせても重たすぎることはありません。「マギー コンソメ 無添加」でシンプルに味付けしているので、誰でも手軽に作れる失敗知らずのレシピです。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.小松菜とえびのガーリック炒め(86kcal/1人分)

1498_1.jpg

プリプリのえびの食感と香ばしいクルミの歯触りが面白い、にんにく風味の炒め物です。もちろんハヤシライスとも好相性。噛めば噛むほど様々な食材の食感と風味を楽しめます。小松菜の緑が映えるので、副菜にサラダがなくても食卓の彩りはばっちり。仕上げにレモンをキュッと絞れば、さっぱり爽やかにいただけます。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.マスタード風味の鮭とブロッコリーのチーズかけレンジ蒸し(314kcal/1人分)

20230310-2_4-3.jpg

鮭とブロッコリーの色彩が美しいこちらの献立は、チーズ好きにはたまらないコクとうまみを感じられる一品。一見手が込んでいそうに見えますが、電子レンジ(600W)で約7分加熱すれば完成。ハヤシライスを煮込んでいる間にささっと作れるスピードメニューです。スパイシーな粒マスタードの風味がチーズと絡んで、時短料理とは思えない奥深い味わいを楽しめます。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.ブロッコリーと豚肉のうまみひきたち重ね蒸し(256kcal/1人分)

20230310-2_4-4.jpg

ブロッコリーのほんのりした甘みと、豚肉のうまみをしっかり感じられる、電子レンジで作る簡単重ね蒸しです。お肉に「マギー ブイヨン 無添加 塩分25%カット」を揉み込んでおくことで、余計な調味料を使わずともお肉本来のおいしさをしっかり引き出せます。ハヤシライスと合わせればボリューム満点。おうちご飯をお腹いっぱい食べたい日の付け合せにどうぞ。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.レンジで鶏肉とキャベツとじゃがいものさっぱり煮(273kcal/1人分)

20230310-2_4-5.jpg

少しエスニックな魚醤(ナンプラー)の風味が楽しめる、鶏肉やじゃがいもを使ったレシピです。一品でさまざまな食材をしっかりとれるので、ハヤシライスと合わせれば献立の満足度もばっちり。お酢の力で鶏肉がほろほろになり、さっぱりしているのに驚くほど食材のうまみを感じられます。わずか10分で作れるお手軽さも魅力。
 

詳しいレシピはこちら▶

どんな副菜とも好相性!みんな大好きハヤシライス

ハヤシライスによく合うサラダやスープ、副菜をまとめてご紹介しました。ハヤシライスに合う献立を考えようとすると、洋食系の副菜ばかり頭に浮かんでしまう方も多いかもしれません。しかし、今回ご紹介したように、ハヤシライスは和洋中、様々なジャンルの献立と相性が良い料理です。

豆腐や大根など、一見するとハヤシライスに合わなさそうな食材も、調理の仕方次第でハヤシライスと絶妙にマッチする副菜に。

ぜひ今回ご紹介した献立も参考にしながら、ハヤシライスにぴったりのおいしい副菜を作ってくださいね。