閉じる
ソーシャルメディアレポート
ネスレの取り組み

ソーシャルメディア
レポート

  • アイコン:耳

2022年3月・4月のレポート

3月10日から4月9日の期間で、SNS上で話題になっていたネスレに関するキーワードです。特徴的なものをピックアップし、紹介いたします。

ソーシャルメディアでつぶやかれているネスレに関するキーワードの集合体 ピックアップ キーワード 「#サステナブルな未来をネスカフェと」「tシャツ」「残渣」「繊維」「#ネスカフェ」

ネスレと日清紡グループがアップサイクルでコラボレーション!
廃棄される紙パッケージとコーヒー残渣に新たな命を吹き込む業界初の試みとして
注目されました。
アップサイクル※1の取り組みとして、「ネスカフェ エコ&システムパック」と
コーヒー残渣で製作した Tシャツとエプロンを、
ネスレ日本直営カフェ「ネスカフェ 原宿」のユニフォームとして活用を開始します。
なお、古紙から生み出した紙糸を使用した繊維を、コーヒーを染料として染色する
試みは業界初※2となります。

  • ※1 ゴミになってしまう物を価値のある物に変える試みのこと。
  • ※2 2022年 2月時点、ネスレ日本・日清紡調べ

「紙」が糸になる仕組みやコーヒー残渣が染料になる仕組みについてもご紹介!

ネスレの環境への取り組み

世界186ヶ国で事業を展開するネスレは、2025年までに、包装材料を
100%リサイクル可能あるいはリユース可能にすること、バージンプラスチックの使用量を 3分の1削減することを、コミットメントとして掲げています。
日本においても「ネスカフェ」や「キットカット」をはじめとした製品パッケージの改善に取り組んでいます。
「ネスカフェ エコ&システムパック」では、2008年の発売以降、継続的に
パッケージ素材の改良に取り組んでいます。

この内容はいかがでしたか?
役に立った
役に立ったが、
分かりにくかった
×役に立たなかった
ご回答ありがとうございました。
「お役立ち」率
%
%の方に「役に立った」と
ご回答頂きました。
お気軽にお問合せください