閉じる
管理栄養士に聞いてみよう
ネスレの取り組み

管理栄養士に
聞いてみよう

  • アイコン:虫眼鏡

日中の眠気に負けない!
上手な昼寝テクニック

皆さま、こんにちは!
ネスレ管理栄養士の領家です。
寒さが身にしみる季節となりました。
夜から朝にかけての冷え込みに、布団から出るのが億劫になる今日この頃です。

第4回目は「眠気」について

さて、突然ですが、日中に眠気を感じることはありますか?
ご飯を食べた後に眠い…眠くて集中できない…作業中なのにあくびが
止まらない…など、一度は経験があるかもしれません。
今回は、日中の眠気に関するお役立ち情報をお伝えいたします!

そもそも眠気はなぜ起こる?

眠気の原因のほとんどは睡眠不足であることが知られています。
夜間の睡眠の量と質が低下すると、翌日の昼間の覚醒すべき状況下で
眠気が起こりやすくなります。
しかし、夜間の睡眠を改善しても日中に眠気は起こると言われています。
体内リズムによる眠気は、防ぎきれないのです。

体験!コーヒーナップ

眠気の解消方法として、短い昼寝(ナップ)が効果的だそうです。
それにコーヒーを組み合わせた、コーヒーナップという昼寝スタイルがあります。
コーヒーナップは、15分程度の短い仮眠の前にカフェインを含むコーヒーを飲む
仮眠スタイルです。
そこで、お客様相談室メンバーでコーヒーナップを体験してみました!

実施方法:

昼寝前にアンケート①を実施。5つの項目(1.眠気 2.疲れ 3.モチベーション 4.覚醒 5.作業の捗りやすさ)について、状態を評価してもらう。→コーヒー140mlを飲用し、20分の昼寝後、1時間の通常業務。
→アンケート②を実施。同じく5つの項目を評価し、昼寝前の状態と比較。

調査期間:2022/9/28-10/4
調査人数:男性2名、女性17名、計19名
年代:20-40代

気になる参加者からの
感想は…?

ちょうどよい浅い眠りで、
目覚めもよかった!

短い時間だったけど、スッキリして仕事の
モチベーションが上がった!

'コーヒーナップ前後の状態評価

* 10ポイントを最高とし、ポイントが高いほど良好な状態であることを示します。

* 「眠気」「疲れ」はポイントが高いほど感じ方が小さいことを示します。

スッキリした、眠気がとれた、という声が多く得られ、「目を閉じて休むだけでも効果があるように感じた」という意見もありました。
また、5つの評価項目を見てみると、最も良い変化が感じられたのは「眠気」という
結果に。
パソコンを使った作業や電話でのお客様対応など、仕事内容を問わず同じ傾向が
見られました。

参加者に気を付けてもらった、コーヒーナップの実施ポイントはこちら。

  • ① 昼寝の前にコーヒーを飲む
  • ② 椅子の背もたれに頭を預ける、うつぶせ寝の姿勢など、頭を固定する※深い眠りに入りやすくなるため、体を横たえるのはNGとしました
  • ③ 「20分後に起きよう」と意識づけ、自然な目覚めを促す
  • ④ 明かりを落とすなど、眠りに入りやすい環境を整える
  • ⑤ 20分で起きる

ぜひ、お試しいただく際の参考になさってくださいね。
昼寝のあとに顔を洗う・強い光を浴びる・ストレッチを行うなどすると、
さらにシャキッとしやすいですよ。

さいごに

今回は、昼寝前にコーヒーを飲むコーヒーナップをご紹介しました。
一方で、「コーヒーは好きだけど、カフェインが気になる」というシーンも
多くありますよね。
夕方以降にコーヒーを楽しみたい方には、カフェインレスコーヒーという
選択肢もありますよ。
また、遅い時間の昼寝は夜の睡眠を邪魔してしまうことから、コーヒーナップに
ついても15時くらいまでの実施を目安としてくださいね。

さらに食事面でも、肉、納豆、チーズ、牛乳など、アミノ酸の一種である
トリプトファンを含む食品がおすすめと言われています。
バランスのとれた食生活のなかで、ぜひ意識して取り入れてみてください。

コーヒーナップは睡眠不足そのものを解消するのではありません。
睡眠不足による眠気を解消するには、量的にも質的にも十分満たされた
夜間の睡眠をしっかりとることが大切です。
まずは早寝早起きからはじめてみましょう!

この内容はいかがでしたか?
よかった
×よくなかった
ご回答ありがとうございました。
「お役立ち」率
%
%の方に「役に立った」と
ご回答頂きました。